2022年1月26日 (水)

ヤツデの花

Img_0074_20220126212301

ヤツデの花が先日来の寒さの中で咲いている。

花と言っても地味な花で咲いているのかどうか定かではない。

よくよく近寄ってみると、玉状の青い部分はまだつぼみであり白くなった部分でようやく2㎜前後の小さな花が集団で咲いているのがわかる。

それにしても、なぜ一斉に開花して白くならないのだろうか。

名前の由来は、その葉っぱが手のひらを広げたような形の常緑樹で深く切れ込んだ葉は8~9枚に分かれているとこから名付けられたようだ。

 

ここ毎日のようにコロナの感染者が最高値をたたき出している。

静岡県でも1,400人台と小中学生をはじめ若い人が大半を占めているようだが、かかれば重症化するといわれる人に感染の主力が移ると深刻な状態になると心配されている。

しかし、人間おかしなもので毎日新聞に載っている感染者の数が静岡では静岡市と浜松市の間で抜きつ抜かれつと接戦を繰り返し、先日まで3人で静岡県で最低だった本川根町が30人越えとなっていると、なんだか相撲の星取表のように見えてしまった仕方がない。

周りを見ても親類や友達関係にまだ感染者がいないことがそうさせるのかもしれないが、不謹慎だと思いながらも、都道府県別では何位だとか、、、、、

 

 

| | コメント (0)

2022年1月25日 (火)

ハッとする

Img_2353 

晴れていさえすればいつでも富士山を見ることができる静岡でも時々ハッとするような姿を見ることができカメラを取りに家に帰る時があるが、たいていカメラを手にした時には姿が変わって平凡な姿に戻っていることが多いものである。

今日は午後になって晴れ上がったが、一昨夜来の雨で少しはげかけていた山頂が再度真っ白になって唱歌の歌詞のように、”頭を雲の上に出し、、、” 状態でなっていた。

 

子供のころ盛んに歌われた歌の中に、「真白き富士の嶺 緑の江の島 仰ぎ見るも いまは涙、、、」というのがあった。

昭和初期だったと思うが開成高校(?)の生徒が西風の強い海にボートで漕ぎ出し12人すべてが遭難死したことを悼んで歌われた歌で女性陣に特に人気が強かったように思う。

当時の男衆の中には、ただ可哀そうというだけでなく「金持ちのおぼっちゃんが天候を見る技術もないのに無茶な遊びをした結果、、、」という人もいたようで、自分も父親からそんな趣旨の話を聞いた覚えがある。

 

先日、今日は何の日という記事を見ていたら1月23日だったと書いてあるのを見て、今どきの太平洋沿岸は西風の一番強く冷たい時期になることから、、、、、、、、、

 

 

| | コメント (0)

2022年1月24日 (月)

ミカン焼け?

Img_0123-3

毎年のようにこの時期になると庭にメジロのつがいがやってきて餌をねだる。

毎年来るといっても同じつがいではないと思うのだが、区別がつかないので同じように見えてしまうし、餌がないのにもかかわらず、植えてある椿の間からこっちを見ている。

先日来ミカンを切って枝や針金を通して軒にぶら下げているのだが、ほとんど食べつくしたと思って地面に放り投げ、次の餌をつけても、どうやらすると前の餌の方がうまいのか地面に落ちたものの残りを食べていることがある。

今日も今日とて、昨夜来の雨で食べ残しに雨水がたまっているにもかかわらずつがいで食べ残しをつついていた。

最近朝昼晩と時間をかまわずやってきていると見えて、あごの下を橙色にしたつがいが来ている。

人間もみかんを食べ過ぎると黄色くなるというが。

メジロたちも食べた餌飛び跳ねてついた色になったのではなくミカンの食べ過ぎて中から橙色になってきているのではないだろうか。

 

オミクロン株の急拡大に伴いほとんどの都道府県が蔓延防止の適用を政府に申請し、認められるようだ。

蔓延防止法が施行されると、酒類の提供が短くなったり提供されなくなるというので、あちこちの居酒屋などへ駆け込み飲酒が行われているとテレビは報じていた。

もう十分に酒を飲んでここ20年ほど飲み屋に行っていない身にとって「そんなに居酒屋の酒っていいのかなぁ」なんて思ってしまう。

たしか、古女房と二人酒もそんなにうまくはないが、居酒屋に行ったとしても歌は歌えなくなっているだろうし、見知らぬ人との話しもそんなにないような気がするのだが、、、、、

そういえば、酒を飲み過ぎると”酒やけ”すると言っていたが、、、、、、、、

| | コメント (0)

2022年1月23日 (日)

切り干し大根

Img_0038-4_20220123211901

曇り空だったが大根切り干しをを作ることにした。

麻機たんぼの農道にはちらほらとからし菜の黄色い花を見かけるようになったので、大根も間もなく薹が立つだろう。

薹がたてば大根にㇲが入って食べようがなくなるのでその前に切り干しにしておいた方がよかろうと判断したからである。

大根の切り干しは日持ちもよく、よく天日で乾かすと風味も出てきておいしいものである。しかし、あったかい静岡ではいつでも食べるものがあるため、こんなものを作る風習が無いようで話をすると不思議そうな顔をされることがある。

写真のように三段に分けて乾かしては見たが、これで大根一本分であり、まだ畠にはかなりの数の大根が残っているのでその始末を仕切れるのか心配でもある。

 

 

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

春 遠からじ

Img_0040-5

大寒から立春にかけてが一番寒い季節である。

この季節になると思い出すのが飛騨の山奥の学校では”寒休み”という独特の休みが一週間ほどあった。

夏休みを少なくしての振り替え休みだったので夏休みの時は恨めしかったが、それも今ほど情報が流れなかった時代だったのでよほどのことがないと他校がどうなのか知らずにいた。

寒休み以外にも、吹雪が激しく登校しにくいと判断された日の朝7時半には社宅の電球が三度点滅すると、登校しなくてもよいという合図だったので、そわそわと電球を眺めていたものであった。

そんな吹雪が過ぎた後、時折真っ青な青空が広がる時があり、木の枝についた樹氷が解けてパラパラと降り注ぐ感触はまた気持ちの良いものだった。

 

「冬来たりなば 春遠からじ」

今日は、山の畑のハッサクを収穫した。

本当は、二月半ば近くまでおいておきたかったのだが、先日来誰かが来て盗んでいくようで採りやすいところが疎らになって空が透けて見えるようになってしまったためである。

自分たちは、この畑に行っても午前中に帰ってしまうことを知っての犯行のようで、大粒のものばかり20㎏以上の被害である。

幸いハッサクは涼しいところに保管しておけば熟してくるし、いつまでも採らずにいると木に負担がかかるといわれているので約150kgほどを3人で分けて家に持ち帰った。

 

 

 

| | コメント (9)

2022年1月20日 (木)

透かして見れば

Img_0038-6

”大寒”の言葉にふさわしいような朝を迎えた。

とはいっても静岡の寒さはたかが知れていて、最低気温が零度前後でよその地域と比べるとあったかい。

畠の貯水槽に張った氷も3㎜あるかどうか、それを壊さないように持ち上げ透かして見ると、厚さが不ぞろいなためや氷の出来具合が一様でないためこんな模様の写真が取れた。

一仕事を終え十時半にはきれいに溶けてしまっていた。

 

 

| | コメント (0)

2022年1月18日 (火)

重いコートが脱げない

Img_0037_20220118210401

重いコート脱いで出かけませんか

      もうすぐは~るですね

 

そんな歌があったよな。

麻機の一角に樹齢30年を優に越したこぶしの木があり、毎年見に行っている。

しかし、今日の冷たくて強い西風に会い、毛羽だった花鞘を少し脱ぎ掛けたものの迷っている風に見えた。

 

オミクロン株の急速な拡大により、感染者は3,2万人越えとこれまでの最高値を6,000人も更新したそうで、静岡でも昨日までの二日間は400人台だったが今日は600人越えになってしまった。

この調子だと重傷者も増えていき危機的状況に再びなってしまうのは明らかであろう。

先日来全豪オープンでテニス界一のジョコビッチ選手がコロナ対策を取らないとして、オーストラリア政府は入国拒否した。

テニスフアンと出身国セルビアは反発しているそうだが、「ルールに例外を認めず」とする方針を貫いた。

もし日本国ならどうだったのだろうか。

オリンピック時のバッハ会長に対する態度から見て、強いもにはなびいてしまい忖度をモットーにし、特例の処置をとった可能性が強いような気がしてならない。

 

 

 

| | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

コロナかと

Img_0035-2

水仙はふるく平安時代に日本に入ってきた花なのですっかり土着したのか、写真のような花を日本水仙というそうで、花の色などから無数の種類があるそうだ。

いずれもアルカロイドの強い毒をもち、ニラと間違えて食べ激しい食中毒を起こすのが毎年のように報じられている。

 

先日、明け方になって強い寒気に襲われた。

原因は、連れの湯たんぽが熱くて布団からはみ出していたためと思っているのだが、目覚めたときにひょっとしてコロナにかかり熱が出て寒気が走ったのかと思ってしまった。

布団の中に潜り込んで、どこで感染したのかを考えてみた。

感染したのなら、その後濃厚接触者は誰になるのか、一週間くらい前からの行動を振り返ってみたが、なかなか思い出せないでいるうちに二度寝に入ってしまい目覚めたのはそれから二時間余あと、、、

起きだしてみるといつもような気分であり、熱も咳も感じられない。

体温計で熱を確かめ、それでも一日用心をして家から出ないでいた、、、、、

それから一週間、いまだに異常は感じられないので最初に思った布団からのはみだしと確信している。

 

今日山の畑の隣の耕作者と話をしていたら「コロナめもここまで追ってこられまい」といっていたが、街並みを見下ろす山の斜面に作った段々畑は周りの木が風をやわらげ、あったかい日差しを受けて一足早い春の気配を感じて午前中を過ごした。

 

| | コメント (0)

2022年1月16日 (日)

ごく平凡な

Img_0078-3_20220116210901

富士川の河川敷から見た新幹線と富士、一時間に上下合わせて10本以上は通過するため天気さえよければ何度でもシャッターチャンスはやってくるごく平凡な写真である。

朝早くとか夕間暮れで富士山に陽があったりとかは近隣の人かプロに任せるとして、今日のような写真は誰にでも写せてしまう。

 

午前二時を回ったころいきなり携帯が大きな音を立て”津波警報”を叫んでいたが、自身の気配もなかったし海からかなり奥まっているところなのでそのまま寝入ってしまった。

朝起きて「どんなんかなぁ」なんて思いながらテレビを入れると昨日南太平洋のトンガで海底火山が噴火した影響で日本に津波が押し寄せたとのことで、NHKなどは延々と同じ内容の放送をしていた。

そんな放送を何時間も聞かされると、さすがに嫌気がして自動車で少し遠出をしてしまった。

今年は新年早々、新型コロナウイルス騒動に津波が加わり大学入試を控えた受験生には難儀な年になってしまった。

今回の津波は地震とは関係がなかったことで、気象庁は津波の警報を見誤り真夜中の発令になってしまったことを弁明していたが、チリ沖地震の時もそうだったように障害物のないときは水面深く進行し防波堤や急に浅くなったのような場所で正体を現す津波を察知する感覚がなかったといえばそうなる。

「経験のない事案である」と一所懸命に弁明するほど機械に頼った予報の出し方、硬直した移行回路が透けて見えてしまったのは自分の根性悪のせい、、、、、、

 

 

| | コメント (2)

2022年1月15日 (土)

寒さ慣れ?

Img_0045-6

そんなにでもないと思っていたが、昨夜も随分と冷え込んだようでヨモギの葉は白く縁取りされていた。

これって寒さ慣れをして、以前なら寒く感じていた気温でもそうでなくなったのかもしれない。

裏の畑で風よけの不織布を手入れし、少し鍬を扱っただけで帰ってくれば身体中ホカホカしていたが、この時期畑をかまうことができるのは暖国ならではのことであり、飛騨でなら屋根雪下ろしという”雪またじ”愚にもつかない仕事になる。

 

今日一月十五日はむかしなら成人の日であり、小正月でもあった。

暮れについた餅もほとんどを食い尽くし、前日に青年団が山から切り出して立てた高さ5mくらい杉の周りに正月飾りや、金銀赤の札が付いた書初めが周りを囲んで左義長の準備が整っていた。

時間になると、火がつけられた飾りなどが赤々と周りの雪を染め、長靴が買えなかった子供たちは親が作ってくれたズンベとこれまた藁で作った被り物で火を囲み囃し立てた。

何と言って囃したのか今では覚えがないが、早く餅を焼きたくて 焼きたくて、、、、、

 

 

| | コメント (0)

«罰当たり