« 100メガいっぱい | トップページ | 楽まざれば是如何 »

2005年5月31日 (火)

明鏡止水

P1010065    五月雨の そそぐ山田に  

   早乙女が もすそぬらして

    早苗 植うる 夏はきぬ

早いもので、五月も今日限り、高い所から始まった田植えが、静岡市内まで降りてきた。

田植え前、田んぼに張った水におぼろに霞んだ富士が映しこまれ、まさに「明鏡止水」  

かえるの合唱団も声を張り上げているが、テノールだけの斉唱、リズムもいまいち。それでも、我が夜(世)の夏(春)を精一杯唄っている。

田んぼには、早乙女ならぬ 翁と姥と耕運機が代掻きに精を出している、さながら現代の「高砂」 耕運機はさしずめ相生の松か 鶴亀か

昨日は、ブログの容量がいっぱいになり、新しい記事が書けなくなったため、仕方なく3月分を削除することでつじつまを合わせた。今後は写真を小さく少なくするしか無いようだ。

|

« 100メガいっぱい | トップページ | 楽まざれば是如何 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明鏡止水:

« 100メガいっぱい | トップページ | 楽まざれば是如何 »