« チョウトンボ 乱舞す | トップページ | ペッタン ペッタン »

2005年6月28日 (火)

静岡市民になったけんが、、、

今日は、清水で37,9度だって、ここしばらくあまり蒸し暑いので頭の回線がこんぐらかってしまいそう。

そこで、思い出すのが約30年前のこと、静岡に来たばかり そう、今日みたいに暑い日 10人ほどで炎天下の作業をしていた。午後の小休憩の時、そばの八百屋へ行き「おやじさん この西瓜三つ欲しいんだけど、いくらにする?」と聞いたところ。三個足した値段を言った。

「そんな計算ぐらい俺にもできるよ」と言ったが、おやじさんには分からなかったみたいだった。他所では、そういう聞き方をしたときは、まとめ買いだからいくらか安くしてよ、ということなのに。

また、子供の転校手続き時に、学校では水泳時に学年により帽子の色が決まっているとのことだったので、北街道のスポーツ用具点に行き「○○色の水泳帽子が欲しいのですが」と言ったところ、奥から出てきた店の人が「ありません」の一言ですっこんだ。   怒るのを通りこしてあきれてしまったね。

そして、最近までコンビニや大きな店の進出には異常ともいえる反対運動を展開し、今も「大型電気店などが吸い上げたカネを地元に還元しない」から、と規制しようとしている。ここからは、静岡中部の人は「のんびり おっとりしている」という気質を微塵も感じない。

来た当時、職場の人に聞いたところ、静岡の人は値段を値切ると言うことはとても恥ずかしいことと思い、商人は値切られることを侮辱と考えていると言う。これはあちこちで聞いたから間違いないとおもう。

自分としては、値切ることは商売人と言葉のやり取りを楽しむような感覚があっただけに、なんともはや殿様商売は、、、、とつぶやいたものだった

しかし、消費税が付くようになって、一円単位まで言われると値切るすき間が無い。  無言で商品を差し出し、無言でカネをはらい 無言で持って帰る。

自分も結構 静岡市民になったけんが、、、、、と

|

« チョウトンボ 乱舞す | トップページ | ペッタン ペッタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡市民になったけんが、、、:

« チョウトンボ 乱舞す | トップページ | ペッタン ペッタン »