« ひとっ子一人いない | トップページ | 青田刈り青田買い »

2005年8月 9日 (火)

真夏の夜の夢

きのう下界に下りてきたら参院で郵政民営化法案が否決され、衆院が解散だって。先日来のドタバタ劇の末のこと、このくそ暑い中で、これから選挙だって、ほっといても当事者は加熱するね。

特定郵便局長にねじを巻かれた自民党一部議員と労働組合から圧力を受けた民主 共産 社民の各党は当初から反対。郵政が抱える問題を真剣に討議しようとする姿勢が見えない、首相の姿勢、答弁もさることながら、ただ、自分の地位のことしか考えていないような議員が多い。

公認されなきゃ新党かと思ったら、いまになってオタオタしている。先を見る目のない人ばかり、覚悟の出来ない人。こんな人が国会議員だって。

自民党が、分裂気味の選挙になるため、民主党は政権が取れそうとと言っているが、一般にはどっちもどっちと見ているように思うがどうだろう?

「真夏の夜の夢」となるか、「漁夫の利」を得るのか?

ほとほと愛想の尽きた人ばかりだが、選挙にはいつもどうり行くだろう。

「エッ どこを入れるかだって?」

「ウーン 多分、、、、言わないよ。でも今回は白票もあり」

|

« ひとっ子一人いない | トップページ | 青田刈り青田買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夜の夢:

« ひとっ子一人いない | トップページ | 青田刈り青田買い »