« ええいッ面倒くさい/解散だ/ | トップページ | 原爆被災60年に »

2005年8月 5日 (金)

運がいいとか悪いとか

PA290020 賎機山(シズハタヤマ)の細い農道でおばあさんが草刈をしていた。そう、年のころ80歳前後に見受けた。

風もなく刈り取った草の匂いが、暑い太陽にさらされてそこら一面に広がる。こちらも一汗かいた所なのでそばの小さな木陰にはいって一緒に休む。

おばあさんいわく「うちは、運がわるうてな、バイパスが出来るとき2~3mで買ってもらえなんだ、この上の山も畑も全然関係ないけんが、隣のうちでは、バイパスに何枚も田んぼを買ってもらい、その金で麻機のほうに田を買ったら、こんだ第二東名の取り付け道路でまた買い上げになった。」隣の人は「なんでうちはこんなに毎年金が入るんかナ」いうとった、と延々と語る。

確かに、運というものは偏っていて均等に与えられるものではないし、努力したからといってかなえられるものではない。神様は不公平を楽しんでござる。

そして、ついていない世代というと昭和十年代がそれに当たるような気がする。つまり、自分と同世代の人。こんなことを書くとそれぞれの世代から「いや自分の世代こそ、、」という声が聞こえてくるが無視する。

わが世代の運のなさ、育ち盛りに食べるものがなく、ひもじい思いをした。

バブルの最中に無理をして土地を買い自宅を建てたら、バブルがはじけ以来今日まで、土地の価格は下がりっ放し。借りたお金はどぶにすてたようなもの。

そして、いつまでも老人の特典にあずかれない。つまり、バブルの頃は60歳から厚生年金 医療費やお祝い、バス券 など敬老の特典が近づくと65歳からとなり、また近づくと70歳からと逃げていく。

そんななかで、自分個人で言うとまあまあの方と言えそうだ。なんとか年金暮らしにたどりつき、細々ながらやっていくしかないが、一番は親 先祖にもらった健康である。これには感謝感謝j外に言葉なし。

今年の夏は、まわりに身体の不調を言う人が幾人もいる。みな老いた、自分の健康神話も何時までのものか分からないが、またそれも心配事。

|

« ええいッ面倒くさい/解散だ/ | トップページ | 原爆被災60年に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運がいいとか悪いとか:

« ええいッ面倒くさい/解散だ/ | トップページ | 原爆被災60年に »