« ぎゃ~てい ぎゃ~てい | トップページ | 愛知万博がすんで »

2005年9月24日 (土)

台風も様子見

どうも今日の天気のようにすっきりしない。

財務大臣がアメリカの財務長官と会談した際に「定率減税の撤廃につづき消費税のなどを見直すと言う課題がある」と述べ、むこうの長官は「日本の構造改革に強い期待感」を示しお墨付きを与えたそうだ。

選挙戦が始まったときには、政府税調の案は採らないといったはずだが、的を逸らすだけの口上だったのか。それにしても国会の始まる前に、本家の承諾を得る番頭みたいな卑屈な態度は何時になったら解消するのだろうか。

そして、今朝ほどのテレビ番組で民主党の前原新代表は「憲法9条の改憲を示し、さらに、労働団体に依存しない政策を取る」とも言っていた。これを聞いていて何か若さの暴走が始まるのではないかと言う予感がする。自民党が財界と言うがっちりした後ろ盾があるのに、それに擦り寄っていってどうなるの。

しかし、労働組合の幹部も総評時代に言われたように労働貴族化して、リストラ時など組合から説得されたと言う話を聞くくらい、会社のお先棒を担ぐ時代になり、組合員の支持をかなり失っているので無理ないか。(選挙で連合が支持しても票は伸びなかった)

最近では、日本もアメリカ同様、どちらの政党も同じようなことを言うようになって、庶民の立場に立つ政党(共産党や社民党を言っているわけではないが)や政治家が育たなくなってきた。代議士のほとんどがエリートでリッチな階層と言われるなか、一般庶民の暮らしぶりが分かる代議士がどれだけいるのか。

国民全てが中流意識を持つようになった結果だろうが、庶民も本当の中流とは何か考えても見ないうちにとんでもない世の中になっていくような気がして仕方がない。

おりしも、本家にハリケーン「リタ」が襲来し、分家にも台風17号がようすを伺っている、台風まで財務大臣のように、ペコペコして様子見をしなくても良いのにと思うのは考えすぎですかな。

|

« ぎゃ~てい ぎゃ~てい | トップページ | 愛知万博がすんで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/6096765

この記事へのトラックバック一覧です: 台風も様子見:

« ぎゃ~てい ぎゃ~てい | トップページ | 愛知万博がすんで »