« 稲のなみ | トップページ | 分からない人 »

2005年9月27日 (火)

書いては見たが

とりあえず国勢調査の記入をしている。

個人情報との絡みでどうしてこんなくだらない調査をしなければならないのか不思議である。

特に隠さなければならないものもない、ほとんど、市町村役場で把握しているものではないだろうか。

国政選挙ほどでもないだろうが、調査員が戸別訪問してやっていれば、かなりの出費になるはずである。そして、調査員が近所の人というのも気になる。

これだけ精密にやって、先日の百歳以上の老人の人口を確認できないまま発表し、50数人がいなかったり、40年ほど前から行方不明の人がいるとくると、各役所勝手にやっている、縦割り行政のきわみである。

また、ホームレスや孤独死をするような環境にある人の調査はどうなっているのだろうか。

一方、アメリカの場合。先日のカトリーナの被害で犠牲者が八千とか一万とかになる、遺体を入れる袋を二万も用意したとか、安置する大きなテントを張ったとか言っていたが、その後音沙汰がなくなった。

多分恥ずかしくていえないのだと勝手に想像する。たしか、かの国は面積では格段の差があるが、人口では3倍になっていないはず、なのにこの杜撰さどう考えればいいのだろうか。

ユピキタス社会を提唱し目指すはずの総務省が、まるで人海戦術を使うのもこれまた如何。

|

« 稲のなみ | トップページ | 分からない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/6146897

この記事へのトラックバック一覧です: 書いては見たが:

« 稲のなみ | トップページ | 分からない人 »