« 第一 第二の真富士山 | トップページ | ボジョレーヌーボー »

2005年11月16日 (水)

コショク

P1010002 新聞を見ていたら、「食育」をテーマの講演会で、「コショク」という言葉があって、その中身は「個食」「孤食」「濃食」「粉食」小食」とあった。

「個食」一人一人別メニューで食べることかな、フムフム。「孤食」なにかの関係でみんなと一緒に食べられないのかな、ウン。「濃食」ファミリーレストランやコンビニの食べ物は味が濃いと聞く。「粉食」うどんやパンのことかな。「小食」近頃の子どもは食べないからな。なんて、なぞときをしていたら、今年の6月10日に食育基本法というのが成立していたそうだ。

知らんかったぁ。そんな法律まで作らなければならなかったとは。

法律なんて難しくてはなから放り出しているので中身は知らないが、「食育」で見てみたら、食べるものについて深く知り、食べることが楽しくなること、食の大切さを多くの人に伝えること。などと書いてあった。

食べ物について、深く知るのは分かる、しかし、食べることが楽しくなるとはこれいかに。食べることの大切さを人に伝えるとは一体なんだ。食べることは人間三大欲望のひとつであり、教えられなくても楽しいぐらいのことは分かっているはずではなかったのか。

わざわざ教えてもらわなければ分からないほど,,,,,,,,,,となると、ほかの欲望も教えてもらわなければならない時代なのだろうか。

このごろでは夜更かしする人が多くなって全体寝不足気味だというし、子どもの数が減るわけだ。今度の国会で睡眠法、子作り基本法でも作り、子作り名人にでも講演を依頼しなければなるまいて。

さて、例のごとく自分の場合、食べたくても食べるもののない時代を経験している者として、なんでも一応口にしてみた。中国人のように四つ足は机以外何でも、とまでは行かなかったが。苦いもの、えぐいもの、渋いものを始め、いろいろと試して味を覚えた。そして、食べるもののモッタイなさは、身にしみている。

おかげさまでいま熊のように、腹の周りに食料を貯めこみ周りのひんしゅくを買っているが、折角溜め込んだものは吐き出したくない、という気持ちが身体のどこかにあるらしい。山登りなどして身体をしぼろうとするが思わしくない、しかし、薬を使って減らそうとするのは論外である。

おっと、今夜もまた脱線してしまったわい。

|

« 第一 第二の真富士山 | トップページ | ボジョレーヌーボー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/7142087

この記事へのトラックバック一覧です: コショク:

« 第一 第二の真富士山 | トップページ | ボジョレーヌーボー »