« 白い花が咲いていた | トップページ | どうすんの »

2005年12月 8日 (木)

チュチュンがチュン

P1010055 チュチュンがチュン 

電線にスズメが三羽とまってた

それを猟師が鉄砲で撃ってさ 煮てさ 焼いてさ      オットットト ヨイヨイヨイヨイ

子どもが小学生だった頃の流行り歌(確か電線音頭?)だったから、昭和48年頃だったかな?あまり沢山電線に止まっているのを見て思い出して パチリ。

ひさしぶりの天気に雀たちも日向ぼっこらしく、あまり騒ぎもせずにじいっと並んでいた。

雀などは、子沢山だが大量に増えたとは聞いていない。以前に比べると人間がとらなくなった分増えてもいいはずなんだけど、やはり自然はきびしいのかなと考えさせられる。

そして、日本人は少子化とかでこれから減少傾向にあるというが、どうしても増やさなければならないものなのか?一時的には老人が増えすぎる時期もあろうが、それを越せば安定するだろうから。

それにしても、戦争中は「埋めよ増やせよ」で5人以上が普通だった時代を超えると、今度は「産児制限」だといってサンガー夫人が引き合いに出され、そしていま、少子化対策とめぐるましく政策が変わる。

そのときそのときの絆創膏は、いいかげんにして長~い目で見たらどうなるか、わけのわからない”有識者"の意見が聞きたい。

|

« 白い花が咲いていた | トップページ | どうすんの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/7529526

この記事へのトラックバック一覧です: チュチュンがチュン:

« 白い花が咲いていた | トップページ | どうすんの »