« 寒の入り | トップページ | 夜目 遠目 傘の内 »

2006年1月 7日 (土)

七草摘み

君がため 春の野にいで 若菜摘む

  わが衣手に  雪は降りつつ

                光孝天皇

今日1月7日は七草粥の日、正月に食っちゃ寝 食っちゃ寝で腹にたまったものを消化し、整えるためにする行事だとのこと。

昔は天皇さんも若菜摘みに出かけたのだろうか、衣に雪が降るというのは今の時期のことだと思うが、この時代のほうが自由が利いて動き回れたのだろうかなどと想像した。

そして、現代になると家の周りから七草の材料になる野草がなくなり、スーパーでかって来る時代になってしまった。そして、七草どころか独活やたらの芽を始めかなりの野草が栽培の対称になっている。

自分も今朝ほどから周りを歩いてみたが、大根 かぶは畠にあるものの、後はセリ ナズナ ハコベまでしか見つけられなかった。

昨年、ど根性野菜が評判になったが、身近の草が次第に遠くなっていくのが寂しい限りだ

P1010021 P1010017

P1010024

P1010053 上左からナズナ スズシロ セリ 下はホトケノザ 

|

« 寒の入り | トップページ | 夜目 遠目 傘の内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8050725

この記事へのトラックバック一覧です: 七草摘み:

« 寒の入り | トップページ | 夜目 遠目 傘の内 »