« 平冶の段(940m) | トップページ | 免れて恥なし »

2006年1月29日 (日)

新年好

本日は旧暦の1月1日ということで、中国を中心に太陰暦を利用している国は新年を祝っている。

日本も明治の初めまで太陰暦を使用し、農業や行事などの目安にしていたため、新だの旧だのと言って、季節と一致しないものがいくつもあり、お盆や雛祭り 鯉のぼりなどの行事が土地よってテンデバラバラに行なっている。

新年は何を基準に設けたものかは知らないが、太陰暦は多分太陽の一番短い季節が終わり、再び力を盛り上げる機運を知った新月の日だったものと思う、しからば、太陽暦の場合はどうか、冬至とは少しずれているし、クリスマスとも復活祭とも違う、ということはキリスト教の行事に関係ないのらしい。

世界的な暦の変わり目なのに根拠がはっきりしていない。ご存知の方のご意見を待つ。

ちなみに、中国では久し振りに爆竹が解禁になったそうで、「新年好」とともにけたたましい破裂音で祝っているそうだ。

|

« 平冶の段(940m) | トップページ | 免れて恥なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8405479

この記事へのトラックバック一覧です: 新年好:

« 平冶の段(940m) | トップページ | 免れて恥なし »