« 七草摘み | トップページ | 成人の日に »

2006年1月 8日 (日)

夜目 遠目 傘の内

P1010016 ことわざに「夜目 遠目 傘の内」というのがあり、全てがはっきりと見えない女性は想像をかきたててくれるため、男性はいろいろと想像のなかに美人をつくりあげてしまうことを言う。

一方で美人をあまり近くで見てしまうといろいろとあらがでてくるものである。丁度空気が澄み切った今の富士山のように、、、、、、

豪雪地帯には申し訳ないような上天気が昨日今日と続いている。

昨年秋から頻繁に登った山行きの咎めが出て、今日は近所の夫婦と日帰り温泉に出かけ、家庭内融和に努めた。

出かけたのは9時過ぎ富士宮も白糸の滝あたりから上は道路が凍っていてスリップした車を2台3台と見た、こちらはスタッドレスタイヤを履いているとはいえ「君子危やうきには近寄らず」の言葉に従い急遽行く先を”天母(アンモ)の湯”に変更。

この湯は、富士宮のごみ処理場の余熱で沸かした湯なので普通の銭湯と違いがないが、野天風呂が薬草の湯になっているのと、眼下に富士宮市街地が広がり夜景が綺麗なことが売りになっている。

薬草風呂の効果は抜群でかなり長い間身体がほってていた。

ここで男どもは湯上りに愚痴を聞かされないようサービスに相つとめ、食事が済んだところで早々に昼寝に入る。

道路状況が悪いせいか、はたまた正月に遊びすぎたせいか客は少ない。昼寝のため横になる場所にことかかない、ありがたい休日だった。

|

« 七草摘み | トップページ | 成人の日に »

コメント

チャチャさん

始めまして、貴方のブログを見せていただきました。
若い方のようですね。
この言葉は古い言葉で、江戸時代の明かりの少ない時に作られた言葉と思います。
いまのように、デジタル放送で小じわまでくっきり見せられてはこんな言葉も死語になりそうです。

またちょいちょい立ち寄りくだされば幸いです。

投稿: オラケタル | 2007年11月25日 (日) 20時40分

初めまして♪♪
あるコメで「夜目 遠目 傘の内」と言う言葉を。。
解らないので調べたらここにお邪魔しました
意味、解りました。。

有り難うございました\(*^ ^*)/

投稿: チャチャ | 2007年11月22日 (木) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8064406

この記事へのトラックバック一覧です: 夜目 遠目 傘の内:

« 七草摘み | トップページ | 成人の日に »