« ヌエボ デ アニョス | トップページ | 文庫本をやっと一冊 »

2006年1月 2日 (月)

久し振りのあしめり

P1010001 いやぁ~、久し振りにいい正月です。

朝から、適当なおしめりがあって、、、、、、、静岡はそれこそ1ヶ月以上も雨が降っていないそうだから、まさに干天に慈雨ってやつでしよう。

「もう少し降ってくれれば野菜の値段にも影響するのに」と隣の人がいっていた。

当方も孫が泊まりに来ているので、この天気の方が都合が良い。

これで、もしピーカンだったら、どこかへ行きたいという腹の虫が騒ぎ出し、機嫌が悪くなる所だけれど雨降りではどうしようもない。それでも、傘を持っていつもの散歩道につれだし、鴨にパンくずを与えに行く。鴨の方も今日は餌を持ってきてくれる人が少ないせいか、餌の奪い合いが普段に増して激しい。

食っちゃ寝~食っちゃ寝~の正月に刺激がなくては、激肥りの心配をしなければならないからね。

P1010007 雨にうたれての帰り道、蝋梅の花が早くも咲きだし、雨粒を花弁に蓄えていた。春はそこまできているよ、と

さて、余談ながら今年も早々に届いた年賀状は、出したうちの3分の2ほどだった、以前は会社などの社交辞令的なもの多かったが、最近ではほんの数通になり、友人親戚関係が主体となったせいか。

親しい人の賀状にはいずれも近況が端書にあり、懐かしく読ませてもらいその人のなりわいを想像している。さすがにこの年になると健康と同級会が話題になってくる。ただ、残念なのは差出人の手がかりがまったくないものが2通あり頭を悩ましている、もし心当たりがあるなら教えてほしいものだが、、、、

|

« ヌエボ デ アニョス | トップページ | 文庫本をやっと一冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/7961270

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのあしめり:

« ヌエボ デ アニョス | トップページ | 文庫本をやっと一冊 »