« 中立公平 | トップページ | ふきのとうの味噌汚し »

2006年2月18日 (土)

NHK聴視料

ゆえあってここしばらくNHKの聴視料を銀行支払いを止めている。

そう、例の事件に対する前会長の不遜な態度と現会長のはっきりしない姿勢のせいである。そして、先日NHKから支払いの請求書が届いた。支払いをしていない期間を含めて、、、、、、

さっそく、NHKにメールを送った。

①いままで40年余り黙って支払ってきた者にたいして、ただ、請求書を送ってくるとはどういうことか?②今まで払ってきた者が止めたということに対して、理由が分かっているはずだから、まず謝った上で「済みませんが今回からでもお願いできないでしょうか」ぐらいあってもよかないかと、③また、自分に未納期間を納めよというなら、いままで納めたことのない人はどれだけ請求するのか。④長年納めた人に何か特典でも考える気になれないか。などと書いてみたが、すぐに返ってきた返事は、「意見要望は、受付番号Xでおうけしました。尚、頂いた意見要望には、お答えできないものもありますので、ご了承ください」とだけあった。

日ごろ温厚?な自分はさっそく「答えになっていない。そんな態度がきらいだ」と送り返した。会長がテレビで謝罪したといってもそんな番組誰が見ているか。

翌日、当地方の料金集受係?から電話が来たが、メール内容を話しまたのちほどということで打ち切った。折角そろそろ納めてもと思っていたが、NHKは相変わらずですぞ。

|

« 中立公平 | トップページ | ふきのとうの味噌汚し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK聴視料:

« 中立公平 | トップページ | ふきのとうの味噌汚し »