« さくらはまだかいな | トップページ | バラの段(1647m) »

2006年2月24日 (金)

後の態度

勝ったぁ 負けたぁ と騒ぐじゃないぜ

後の態度がぁ 大事だぜぇ~

水前寺清子「どうどうどっこのうた」の出だしである。

トリノオリンピックで花形種目の女子フィギュアーで荒川静香選手が金メダルを獲得した。日本人初であり待ち望んでいたものだったのでテレビは上へ下への大騒ぎ、まずはおめでとう。

一時は、確実だなんて騒いでいた種目も不振で、JOCの会長まで「報道陣の分析不足、はしゃぎ過ぎだ」といっていたが、これで「ほっ」としたことだろう。

しかし、いい成績を残したから言うのではないが、女子フィギュアーの選手育成については前にテレビ報道でみたが、まずスケートそのものは二の次にして、身体能力やダンスに対するセンスのいい子どもを育てることから始まっているようだ。

となると、他の種目もオリンピックなど国際競技で勝とうとするには、好きで入る人ではなく国際競技用の選手という育て方をしなければ、何時まで経っても鬱憤はたまる一方だろう。

異性には甘く、同性には厳しいのは世の常であり、自分もそうなんだろうが、今回のオリンピックを見ていて思ったのは、ハーフパイプで失敗した女子選手が雪を叩いて悔しがったシーン。カーリングの終了後目を真っ赤にしてインタビューに出ていた選手。スピードスケートの岡崎選手など負けてはいたが「よくやった」と声をかけたい選手が何人もいた。

そのなかで、体重が200グラム少なかったとへらへら笑いで答えていたベテラン選手の態度は、冒頭の歌の文句ではないが後の態度がなっていない。

この選手は、大会前の成績もよくなかったのに出場した経緯からいって、競技団体そのものにも問題があったのではないだろうか。かって”日の丸飛行隊”などと言われた、長野オリンピック以来沈下したままで、規則や道具など他所に責任を転嫁している。

とにかく、オリンピックに参加する以上次から次と新人選手が出やすくする体制が必要で、4年に一回のオリンピックに四回も五回も同じ選手を主力にし、新陳代謝が出来ないようでは、競技団体の資格なしではないだろうか。

|

« さくらはまだかいな | トップページ | バラの段(1647m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8815476

この記事へのトラックバック一覧です: 後の態度:

« さくらはまだかいな | トップページ | バラの段(1647m) »