« NHK聴視料 | トップページ | スキーは見てて疲れる »

2006年2月19日 (日)

ふきのとうの味噌汚し

P1010053 食材の三元素というと、香り 歯ざわり 味わいだというらしい。このほかにも見てくれ、色合いなどいろいろあるだろうが、三つに絞ったらこんなところなるのかな?

そして、日本の食事はヘルシーということで、欧米では見直されている言う話を聞くとなんだか嬉しくなるが、むかしからそんなに身体にいいと思って食べていたわけではない、これしかなかったのだ。

その食材の中で、野菜が今危機的な状況にあるというのだ。理由としては、昔のように栄養のある野菜がないということらしい。食品成分表によると、近年栄養価が落ちてきているという。理由として消費者が癖があるもの、匂いの強いものを嫌うので、生産者が味の薄いものや無いものを開発したこと、生産に手間がかからないなどを主眼としたためという。

そういえば、きゅうりやトマトを食べても昔の懐かしい味のあるものはないし、年がら年中スーパーに出回っていて季節感がない。外国人に言わせると、日本の野菜は甘くて最初からデザートを食べているというらしい。

何年か前まで砂糖工業会だったと思うが「甘いはうま~い」なんてコマーシャルを流していたが、甘いと美味いの区別が出来ない人が多くなったように思う。

今日は雨水、春の訪れにより雪や氷が解けて雨水になるじきだという。そこで近所の川合山からの稜線を歩き、山菜取りの始めとてふきのとうを採ってきた。

ふきのとうは味噌汚しが一番、細かく刻んで味噌とわずかな油を混ぜすり鉢でこね原形を分からなくする、隠し味に砂糖を少し入れる人もいるが自分の趣味ではない。

 苦くて辛い味が口の中いっぱいに広がり食欲がいやがうえにも増し、ご飯を余計に食べすぎた。  「う~ん 腹がうい」

|

« NHK聴視料 | トップページ | スキーは見てて疲れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8741768

この記事へのトラックバック一覧です: ふきのとうの味噌汚し:

« NHK聴視料 | トップページ | スキーは見てて疲れる »