« バラの段(1647m) | トップページ | 御飯は銀シャリ »

2006年2月26日 (日)

70年前のむかし

むかしむかしのその昔、10年ひと昔というから70年前の事件といえばそのくらい前になるか。

2,26事件という日本にとって大きな曲がり角になった事件があった。

その4年前にも5,15事件というものがあって、総理大臣が射殺された時、世の中の景気の悪さ、貧富の差が拡大し、政党政治の乱れなどから先行きの不安もあって、一部軍の行動をよしとする雰囲気があった。

そして、昭和11年の今日の事件は、軍内部の主導権争いもあって反乱軍は鎮圧されたものの、この事件を好機とした軍人により、軍に都合の良い政治体制にもっていかれ、世界を相手に闘いをし敗戦によって決着をするまで軍人による政治が続いた。

今の日本と比べるといろんな違いはあるものの、政治に対する不信感や貧富の差拡大、先行きの見通しの悪さなどから、暴発するかもしれない。

現にフイリピンは政権腐敗に便乗して軍に怪しい動きがあったと伝えられているほか、軍が政権をとっている国が多数あり、国民の自由が制限されている。

「自民党をぶっ壊す」といっただけで大量得票を取ったくらいだから、その成果がでなければ案外暴力的変革を支持するかもしれない。

歴史は繰り返すという、右傾化した考えを持つ中年以下の人が増えている中で「いつか来た道」を繰り返すことない様に祈る

|

« バラの段(1647m) | トップページ | 御飯は銀シャリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/8848763

この記事へのトラックバック一覧です: 70年前のむかし:

« バラの段(1647m) | トップページ | 御飯は銀シャリ »