« その名は土管坂 | トップページ | 最高の市と最低の県 »

2006年3月24日 (金)

セントレア

P1010087 3月22日 常滑の”やきものの散歩道”を見終わって伊勢湾海上に浮かぶセントレアに向かった。

独特の形をした斜長橋のはりが美しい、私鉄の橋と平行してかかっているようだが、アクセスはこのほかに船便があるだけで、何にでも首を突っ込むJRが入っていない。

昨年の愛知万博に合わせて作られたこの空港は、開港当時は押すな押すなの盛況だったと言う報道に、田舎者で人ごみを嫌う自分には向いていないと敬遠していた場所であった。

もう ほとぼりも冷めただろう、と行く気になったセントレアだったが、来て見ての第一印象は、警備が成田などに比べて少ないことと、駐車場がでかくて分かりにくいことだった。

警備の少ない?という印象はたまにしか来ない者にとっては、他の空港のように威圧感もなく非常に嬉しいこと、そして、駐車場の大きさは自動車のトヨタが控えている以上しかたがないことか。

飛行場を一望できる最上階のスカイデッキは、風も海の春風で心地よく、300㍍あるといわれる展望台まで散歩気分で歩く、とその先は4000mの滑走路が横たわり、飛行機が爆音をあげて離発着しているのが間近に見える。右が国内線 左が国際線と説明された。

デッキ上には、人影もあまりなく百人をかなり下回っていたので、お昼を中で取ろうと戻ってきた所、どこにいたのというくらいの人が、各店の前に並んでいた。

この空港は、昨年開港されたばかりのせいか、予想を超える収益があり乗客の満足度も高く賞を受けたという。また、風呂好きの日本人に合わせて世界初といわれる展望風呂もあり、利用客の評判も良かったようである。

そして、静岡県人としては、またしても工事中の静岡空港をと比較して、アクセスや滑走路の長さ 騒音対策などいろんな面で劣る空港が、他の県施設同様採算無視の運営になることをを予想してしまった。

|

« その名は土管坂 | トップページ | 最高の市と最低の県 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/9250852

この記事へのトラックバック一覧です: セントレア:

« その名は土管坂 | トップページ | 最高の市と最低の県 »