« おぬしもワルよのう | トップページ | 近くばよっては目にも見よ »

2006年4月 1日 (土)

かすみかくもか

P1010028 身延山のしだれ桜を見に行ってきた。

これで何回目になるか、昨夜来の客と共に向かったが、先日の偵察で上の駐車場までは上がれないということが分かっていたため、本堂と同じレベルながら離れた墓地の駐車場にいれた。

駐車場はすでに満杯、整理の人に聞くとカーナビに指示されて入ってくる人が多いとのこと、困ったもんだ。

さくらは、最近の低温のせいか、満開のなかにまだ”つぼみかたし”なども点在し今年の春は長いようだ。

境内のには、かなりのひとがいて、霞みか雲かに混じって砂埃も僅かに舞っていて騒々しいのだが、自分もその騒々しさに輪をかけている一人なのだ。

一渡り、あちこちを回った後、ロープウエイで山頂に向かったがこれが1時間待ち、放送では普段30分おきに動かしているゴンドラを今日は7分間隔と「いつもより多めに回しています」というのになかなか順番が来ない。

ようやく、山頂に着いたが肝心の富士山と南アルプスは霞のかなたに沈み、かろうじて分かる程度、吹く風も冷たく早々に降る。

昼御飯は、少し遅くなったものの身延町最北端のクラフトパークの芝生で済ませ、「南部の湯」に浸かって帰る。

|

« おぬしもワルよのう | トップページ | 近くばよっては目にも見よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/9381150

この記事へのトラックバック一覧です: かすみかくもか:

« おぬしもワルよのう | トップページ | 近くばよっては目にも見よ »