« 人に知れつつ | トップページ | ガス抜き »

2006年4月13日 (木)

結構古いんで

P1010016 おれおれから、振り込めに名前を変えた詐欺も一向に納まる気配がない。(写真 片仮名で書けば一緒だが、あっしゃ 人にはかかわりたくござんせんと、そっぽをむくアオサギ)

その額も年間300億円に近いというから驚きだ。いや、ひょっとすると世間体ということもあって言わない人を入れると、とっくのとんまにもっと巨大化している可能性がある。

先日も、小泉チルドレン大塚拓衆議院議員が、「母親が騙された」といきまいていたが、自分の身近に被害があって始めて知ったように見えて、笑ってしまったね。

これらの犯罪をまとめて、被害を受けやすい人と言うのを発表したそうだが、

①警察とか公権力だと言われるとと動揺してしまう人。

②どうしたらよいか自分の方から聞いてしまう人

③「なんとかしてやります」とか、「面倒を見てやりたい」など日ごろから親切な人

④自分の方から、息子など被害者の関係者の名を呼びかける人

など従来の日本人の典型が狙われているらしい。

応対に出た人がこんな人だと「これはしめた」とばかりに考える余裕のない攻め方をしてお金を振り込ませるようである。

前にも、自分の聞いた話として、「外国では泥棒より、物を盗みたくなるような雰囲気を作る人のほうが悪い。大事な物ならそのような保管の仕方をするものだ」と書いたことがあるが、開口 健という小説家も”開口閉口”という小説のなかで、「騙すより 騙される人が悪い」と、イタリアでもベトナムでも聞いたと書いている。

日本もこのところ犯罪の国際化が進んで、外国人はもとより日本人の犯罪者もいろんな面で海外のやり口を真似する。ひとり被害者だけがいままで通りでは釣り合いが取れないので、騙される方も勉強しなければならない。

となると日本の精神基盤である義理人情は紙のように空に舞い散るのみになるが、それにどっぷりと浸かった身にとって味気ない世界が始まる前兆である。

と言いながら、実際自分が詐欺団から電話を受けた時はどうなんだろう。舞い上がってしまわないという保障は全然ない。

考えてみれば、自分も年相応に結構古いんで、、、、、

|

« 人に知れつつ | トップページ | ガス抜き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/9570023

この記事へのトラックバック一覧です: 結構古いんで:

« 人に知れつつ | トップページ | ガス抜き »