« 鳥の囀る山 八丁段(1,562m) | トップページ | 五月乱れ(さみだれ) »

2006年5月17日 (水)

人口はデフレスパイラル

Pc130028 野生の動物は、人間に育てられると自然界に戻すことが非常に難しいと聞いたことがある。

さらに、運良く自然界に返せたとしても、その動物を繁殖させるのはさらに難しく、それも、高等(?)と言われるほど難しいと言う。

以前、テレビでツルだったかを育てる場面を見たが親に似せたデコイ(模型)を使って餌をはさんで渡していた、これは人間との接触を少しでも遠ざける配慮からだと説明されていた。

一方、動物園で飼われている動物の中には、子どもを産む段階までは持っていけても、親が育児放棄をして結局は係員が家に連れ帰り、寝食ともにしながら育てるのを美談のように放送している番組も見た。

動物が、子育て放棄するのは、終日監視されているストレスなどから来るものもあるが、親が子どもを見たことがなく、育て方を知らないというのが大きな原因のようだ。

小さいときに連れてこられ、周りに人間しかいないところで育った動物にしてみれば、産み育てると言うことは、経験したことのない状態であり、戸惑った挙句のことであろう。

いま、日本では平均出生率がここ2年1.29だと言い、昨年は生まれてくる子供より死亡する人のほうが多くなって、これから人口がデンデンムシノ殻のような曲線を描いて減っていくことが予想されている。

つまり、人口がデフレスパイラルの時と同じ状態になってきたことを意味し、厚生省あたりが年金維持にも何とか出生率を1.39ぐらいまで回復したいといっていたが、これでも将来の人口減は止まらないはずで、これといった特効薬を持ち合わせている様子はない。

自分たちが子供の頃は、周りは5人兄弟が普通で、何をしても5等分されることから、兄弟が疎ましく、たまに、1~2人の子供しかいない家があると、とても、うらやましかったものだ。

それが、最近では核家族化し、赤ん坊や老人と同居した経験のない人が多くなり、新所帯は動物園の動物のように何事も未経験から出発する。

子育てを見たことのない人が、子どもを作ると「大変だ」「困った」の前に何していいか分からないのがのが実情で、育児放棄をしたくなるのは容易に想像できるし、老人と同居したことない人は介護を人任せにせざるを得ない。

プロレスラー、ジャガー横田が先日ハワイ旅行を前にしたインタビューで「目的は子作りです」と言い、隣で旦那がこけていたが、みごと目的を達成し、上手くいくと有名人女性の高齢出産になるらしいが、、、、一人っ子では人口減の歯止めにはならない。

老人介護にしても、人任せが横行すれば負担がさらに大きくなり、、、、、

お先真っ暗ってカンジ~      

|

« 鳥の囀る山 八丁段(1,562m) | トップページ | 五月乱れ(さみだれ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10108784

この記事へのトラックバック一覧です: 人口はデフレスパイラル:

« 鳥の囀る山 八丁段(1,562m) | トップページ | 五月乱れ(さみだれ) »