« 刈っても 刈っても | トップページ | 鳥の聞きなし »

2006年5月11日 (木)

かびが増殖する

P1010056 今朝もはよからシトシト雨が降っている。

こういう雨は、心を腐らせる。腐ったものにはかびが湧く。

高松塚古墳の壁画にもかびのようなしみが出ていたと報じられていた。

かびとはいえ生物なのだから、何かを食べて成長している、それは何なのだろうか、発見されるまでの長い年月になかったものが持ち込まれたためでなかろうか。

リタイアーしてから世間を斜交いに見ているのに、「ジニ係数」という言葉を最近になって知った。

民主党の先の代表が、日本はこの係数が0,5に近づいていると国会で質問したそうだが、当時は知らなかった。

0.5という数字は、所得上位25%の人が全所得の75%を占めるという意味で、貧富の差が大きくなり、世の中一部の大金持ちと多数の貧乏人に分けられることを言い、その典型がアメリカ型社会である。

首相は「格差が出ることは悪いことではない」とも「(金持ちを)ねたむような風潮を作ってはいけない」とも言っていたが、いかにも勝ち組にいるお坊ちゃん的発言だと聞いた。

また、子供の頃の話になるが、なにかあるとよく「あの家はお大尽(金持ち大地主など裕福層)だから」という言葉を聞いたことがあるが、金持ちがさらに金持ちに、貧乏人はどんなに努力しても浮かばれない世の中。テレビドラマ「おしん」のような時代が再びやってくるのだろうか。

昨年、アメリカを襲ったハリケーン報道の映像でも、それに便乗した強奪や襲撃が見られたが、このままの政策が続けば日本も近い将来同じような閉塞社会に陥ると、心の中のかびが増殖していきながらせせら笑っている。

|

« 刈っても 刈っても | トップページ | 鳥の聞きなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10015318

この記事へのトラックバック一覧です: かびが増殖する:

« 刈っても 刈っても | トップページ | 鳥の聞きなし »