« おいおい 去年のかよ | トップページ | 頭を雲の上に出し »

2006年5月 3日 (水)

例外の保障はない

P1010022 渋滞の東名を掛川まで行ってきた。(写真 朱に交われば赤くなる?掛川花鳥園で)

姉夫婦が遊びに来たいとのことだったので、途中まで出迎えに行くと言って掛川で落ち合うことにした。

初めは国道1号で西進する予定だったが、道路事情が思ったより悪く途中から東名に乗り換えたもののこれまた大変だった。

散々渋滞に翻弄された挙句、普段の2倍の時間をかけてようやく落ち合うことが出来た。

おかげで、掛川では花鳥園の見物だけで、話題の掛川城は遠巻きに天守閣だけを拝んで帰ってきた。

さて、今日は憲法発布記念日、この記念日もゴールデンウイークと言う浮かれ休みの中に埋もれてしまい、いまのままでは早晩に消え去る運命なのか。

自民党を中心に憲法改正論が進んでいる上、共謀罪や愛国心の強制につながる昔の日本に回帰したい人々が米軍再編にまるでポチのように言いなりに税金をつかみ出そうとしている

この調子で、憲法が改正されたら、いままで少なくとも日影の身であった軍に力を与え、近い将来不足する自衛軍(?)を補充するため徴兵制に移ることは確実であろう。

もっと憲法の重要性を認識して、一般の論議を経た上でないとあとで臍をかむのは若い世代であろう。

わかものよ、あなただけが例外にならない保障はない。

|

« おいおい 去年のかよ | トップページ | 頭を雲の上に出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/9884713

この記事へのトラックバック一覧です: 例外の保障はない:

« おいおい 去年のかよ | トップページ | 頭を雲の上に出し »