« 不動の滝 | トップページ | サルーデサルー »

2006年6月20日 (火)

ブーケのような紫陽花

P1010080_1 ここ2~3日天気もよく気温が高いため、身体の調節機能が追いつかないようでなんとなく疲れたような症状が出ている。

テレビではなんだか難しい漢字を並べていたが、人間ばかりでもなさそうで道端の草もぐったりしている、元気なのは水に足を突っ込んでいる稲ぐらいのものか。水面から頭を出し、先端に風を受けながらゆらゆらと揺らしていた。

さて、昨日は市県民税、今日は国民健康保険の通知が来た。いずれも、改正だの改定だのという言葉を使いながら負担を引き上げたうえ、来年度は緩和処置は完全になくします、定率控除もなくしますと弱いものいじめがさらに加速させるようだ。

この先、収入が増えるのならまだしも、年金に頼っているものにとって将来の予想が付かなくなってくる。

同様に若い人からも「果たして年金がもらえるのか」と心配する声をよく聞く。もう少し将来はこうなる、といった展望が示せないのだろうか。

最も示した所で、国の施策が信用できないのだからどうしようもないのだけど、、、、

よく「信用を得るのは長い年月がかかるが喪うのは一瞬である」といわれ、今年に入ってからでもいくつもの例が見受けられる。

もう少しすれば、本格的な梅雨に入り、じめじめとした天気が続くそうだが、こちらは時期が来ればからっとした夏空が待っている。

梅雨空の下に咲くブーケのような紫陽花みたいに、近い将来、明るく希望が持てる世の中にならないものだろうか。

願っているだけの他力本願ではいけないのだが、、、、、

|

« 不動の滝 | トップページ | サルーデサルー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10610232

この記事へのトラックバック一覧です: ブーケのような紫陽花:

« 不動の滝 | トップページ | サルーデサルー »