« 高嶺の花 | トップページ | 観光路線にのせられて »

2006年6月23日 (金)

おこまがしいけどチョット

4時少し過ぎに目を覚まし、まだこの時間ならやっているんだろうな、とテレビのチャンネルを合わせてみると、以外や以外、日本が1-0で先行しているではないか。

この調子なら、後半にもう一点追加してなんて思っていたら、前半終了間際に反撃を受けて同点。後半は見るに見ておれなかったね。

実力の差以上に負けたような気がした。諦めがよすぎたのかな?

大体サッカーなる代物、自分は半世紀前に手を使わず、けったり、噛み付いたり、殴ったりしなければ何をしてもよいというルールで行なった雪上サッカーしか経験がないものだから、いまだにルールを知らないし、当時サッカーがこんなに人気競技になるなんて思っても見なかったものだから憶えようともしなかった。

それほど、ド素人の自分に戦術面について物申す資格は全然ないことは承知の助であるが、、、それ以外でおこまがしいことなんだけどチョッといいかな。

今度のチーム編成に当たって、静岡県出身者が5人もいるということから、まだまだマイナーな競技だなと感じている。

野球にしても陸上競技にしても、かなり長い歴史の上で選手は全国各地から満遍なく集まっているが、ことサッカーに関しては静岡の人がやたらに多い。

静岡の人が特別身体的にサッカーに適していると言うことはないはずだから、選手が全国から出てくるようになれば、日本のサッカーも一段と強くなるに違いないだろう。

とはいえ、日本でサッカーが今のように全国レベルで騒がれるようになったのはこれら選手の努力のたまものであろう。

一次リーグ敗退で帰ってくる選手や監督に暖かい拍手と励ましを献上しするとともに、地元から何人が選出とか高校レベルで地盤沈下なんて肝っ玉の小さいことにこだわらない競技に育て上げて生きたいものである

そして、サッカーと言えどもたかがスポーツじゃないか、それが勝ったとか負けたとかで目くじらを立てるほどのものではない、適当に楽しんでおこうよ。

と、分け知らずのおじいさんが言っていた。

|

« 高嶺の花 | トップページ | 観光路線にのせられて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10646680

この記事へのトラックバック一覧です: おこまがしいけどチョット:

« 高嶺の花 | トップページ | 観光路線にのせられて »