« じじばかチャンリン傘もって | トップページ | 藪虱(ヤブジラミ) »

2006年6月 8日 (木)

我田引水

P1010026_1 ここしばらく雨も降らないのに、静岡市北部の麻機(アサハタ)近辺の農業用用水路は水があふれかえっている。

山向うの安倍川と中心を流れる巴川からポンプでくみ上げた水が潤沢にあるせいだ。

P1010028_1 こちらでも、半分以上が田植えを済ませまだの田んぼも合わせて水が満々と張られ、水鳥やかえるも久し振りに生活範囲が広がったのを歓迎しているようだ。(自分の姿を水鏡に映しダンデイぶりを楽しんでいる青鷺)

むかし、自分さえよければの代名詞として使われた「我田引水」は死語になったか、いや別の世界では健在である。

おりしも、今日は東海地方から西の太平洋側は梅雨に入ったらしいと気象庁は自信なさそうに発表した。

|

« じじばかチャンリン傘もって | トップページ | 藪虱(ヤブジラミ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10440730

この記事へのトラックバック一覧です: 我田引水:

« じじばかチャンリン傘もって | トップページ | 藪虱(ヤブジラミ) »