« シジミとセセリ | トップページ | 牛飼いと女工のデート »

2006年7月 7日 (金)

月下美人でチクッと

Img_0248_1 真夜中から明け方にかけてかなりむし暑かった。

網戸の窓を開け放して寝ていたのだが、我慢できなくてクーラーに切り替えてしまった。本日七月七日は七夕でもあるが、暦の上では「小暑」「温風 到る」となっているが、少々でなく大変であり、温風でなく湿気であろう。

昨夜は七時過ぎから開き始めた「月下美人」を肴に飲み会となった。いろいろとある花の中で、花見の宴会が開けるのは数少ない。

今年、最初の開花は昨年より四日早いものの、数は少し少なく四輪しか咲かなかった。

この花は、ひと夜だけの花であり、ちょっと目を放している隙にグッと開いたのが分かると言う面白さから「あれ、また大きくなった」など飲みながらの話題が尽きない。

花が艶やかで気品があること、香りはそこはかとなく漂い、あちこちに持ち運べいろんな角度から眺められるなど、と騒がれては花も満足なことであろう。

明けて七日は七夕、今にも降りそうな中短冊を見に出かけてみた。先日も書いたようにこの年になると願い事も何を書いてよいやら分からなくなってきているので、ケアハウスはどうなんだろうと野次馬気分で行ってみたが、昨年出していた託老所も今年は取りやめたらしく出ていなかった。

多分去年同様「健康でありますように」一色なんだろうな、それしかないもんな。だけど、長生きして明るいこと良いことがあるんだろうか?。

健康保険は上がり、市民税、介護保険料と軒並み負担は上がり、控除は削られていき、貧乏人に追い討ちをかけ、本当に暮らしにくくなった。この上消費税まで上げられたら早くこの世をおさらばしたほうが勝ちになる。あの世まで負担は追っかけてこないはずだから。

世論調査は、ポスト小泉は誰がいいか?なんてやっているが、自民党以外の選挙権のない人に聞いてみたってしょうがない。それより次の選挙で誰を選ぶかが自分たちに与えられた権利なのだから、ムードや宗教がらみでお願いされた人は入れないようにしょうよ。

|

« シジミとセセリ | トップページ | 牛飼いと女工のデート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/10824804

この記事へのトラックバック一覧です: 月下美人でチクッと:

« シジミとセセリ | トップページ | 牛飼いと女工のデート »