« 酒に別腸あり | トップページ | ふるいけや »

2006年7月27日 (木)

言葉は世につれ 

P1010010 まさか夏休みのせいではないと思うが、最近当ブログを訪れる人が急増している、それも午前中に、、、。

嬉しい反面、もし中学生以下の子どもに見られているとしたら、書き方はもちろん、テーマーも余程慎重を期さなければならないと思っている。

おりしも、夏休みの宿題のようにして、文化庁の日本語調査なるものが発表された。

それによると、慣用句を間違って使用する例が随分と多いといい、ある言語学者は興奮して「美しい日本語が消えていく、世も末じゃ」みたいな発言をしていた。

文化庁としては、割合冷静に「普段あまり使わなかったせいで、本来の言い方が分からなかったのでは、、、」のコメントだった。

自分としては、「歌は世につれ、世は歌につれ」ではないが、仕様がないかといった感じである。

美しい日本語、正しい言葉の使い方、と言った場合、どこが基準になるのだろうか、なんでも昔がよかったわけではないだろう。

美しい言葉を源氏物語などの平安貴族文学にもとめたとしたら、万葉歌人は文句を言うと思う、言葉の崩れは出来たときからすでに始まっているのではないだろうか。

特にひどかったのは、明治の初め日本語を統一しようとして標準語という人造語を作り、全国の子どもを教育したときにあると思う。

これによって、日本中意思疎通が簡単になったものの、片方では方言をいやしい言葉、恥ずかしい言葉として撲滅に精を出し消してきた。

その結果。最近では逆に、地方文化を守ろう、方言を守ろうと言う運動さえしなければならなくなっているほど、衰えている。

昨年は、「やばい」「うざい」「ビミョー」が話題になったが、これら新造語もある程度続けば辞書にのって認知され、下手をするときれいな日本語の仲間入り。         

なんてことは絶対無いだろうが、、、

いま、フイリッピンや中南米などいくつかの国を見ると、元からの言語が消え去りかけている。言語が消えると言うことは、文化も消えると言うことを意味する。

その言語でなければ言い表せないものがあるからだ。たとえば”わび””さび”などのように、、、

しかし、ひょっとすると明治のころのように意思疎通を簡単にするため、世界の言語を英語に統一しようなんてことがおこりかねない。

そのむかし、エスペラント語で共通語を作ろうとした運動もあったが、英米、仏、中、の大国の拒否権にあって潰えさった(これは真っ赤な嘘かもしれない)が、今、日本で英語を必須科目にしようと叫んでいる人は、案外、世界語(英語)推進運動のオルグかもしれない。

きょうは、見てくれる人を意識して高尚なことを書いて見たが、書くうちに自分でもまとまりがつかなくなったので、この辺で打ち切るこにしよう。

明日からは、読む人無視で行こう。

|

« 酒に別腸あり | トップページ | ふるいけや »

コメント

早速のコメント有難うございました。

ひとつところに命を懸ける。
収奪の厳しい律令制と平安貴族の特権である荘園などで、虐げられた農民が、家族を守るためにいろいろと苦労して作った農地を守るために、命をかけた有様が分かる言葉ですね。
言葉は、年を重ねて変形していくものです。
パソコンでもよくやるのですが、言葉と文字。
変換の仕方で音が一緒でも意味の違う文字を打つように、戦国時代の手紙など見ても誤字当て字の類が沢山あります、

私が、以前から気にしている言葉の中に、「必死」「決死」という文字があります。
テレビや新聞で安易に使用されますが、この言葉が当てはまるのは、日本では戦争中の特攻隊員ぐらいでしかなかったでしょう。
どんな救助隊員であっても、必死、決死の行動を指揮者が赦すはずがありません。それは、二重遭難、無駄死を強いるだけの活動だからです。
何か代わる言葉を使わないと、「必死」「決死」が浮かばれません。

そのほかにも、「全然」や「まったく」という言葉などをごく最近まで否定する前段に来る言葉と思っていましたので、この言葉を肯定的に使う人に反発していましたが、否定語と捉えるのは戦後教育を受けた人に多いそうで、それ以前は両方に使っていたこともあると知りました。

こんなことを考えると、言葉の教育が重要でしょうが、なにせ世間の波に対して、少々棹をさしても無駄なような気がしてしまうのは、年をとって気力が無くなったせいでしょうか。


投稿: オラケタル | 2006年7月28日 (金) 15時32分

「一生懸命」辞書にも載っているし、パソコンでも変換できます。でも、これ、おかしいです。
鎌倉の武士に由来する「一所懸命」が正しいのであって、「一生懸命」は間違った日本語です。
でも、間違ったまま、100年は確実に経っています。
僕は一生懸命にとても違和感を感じますが、そんなことを思っているのは日本人の中で僕だけかもしれません。
言葉の変化はこういうことだと思います。新しい言葉が生まれ、それに違和感を覚える人がみんな死んでしまった時にも日常で使われていれば、それは確かな日本語だと言えるのではないでしょうか。
言葉には適切な新陳代謝が必要です。そうしないと「トイレ」のにおいはどんどん濃くなって使わなくてはいけないのに使えないことばになるでしょう。だから「トイレ」を表す言葉は時を経ながら、かわや、便所…と新陳代謝をしてきたのです。
言葉が新陳代謝すれば文化も新陳代謝を起こします。新陳代謝のない言葉、文化は癌化したといえるでしょう。(鈴木光司さんの小説「ループ」をごらんください)
新陳代謝にはある程度痛みも伴います。でも、それを感じながら正しい方向を見つけて見守ってやるのが、この国でたくさんの時間を生きてきた人間の役目でしょう。
平賀源内は、「本日土用丑の日」というコピーで鰻屋をはやらせ(窮地を救い)、やがてそれが100年以上たった今、「昔からの風習」と言われるようになりました。
「一生懸命」…この言葉、江戸時代の何かの宣伝に使ったコピーだと踏んでいるのですが、みなさん、いかがですか。

投稿: こうじ@季節の小箱 | 2006年7月28日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/11113416

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉は世につれ  :

« 酒に別腸あり | トップページ | ふるいけや »