« 無言館 残せるものを持つ幸い | トップページ | メタボリックが改善しない »

2006年8月19日 (土)

御牧の朝はもう涼しい

Img_0168 八月十六日、御牧高原の朝は涼しい。

先日来、朝の気温は17~8度で久し振り、布団の厄介になった。

昨日今日と、義妹の家の近所にある「みどりの村」という元町営の温泉に泊まっているので、早朝の朝風呂で身体を伸ばす。(朝まだ暗い露天風呂で浅間山のほうを見る)

義妹の家は、昨日行なわれた望月町”榊祭り”の若衆宿みたいになったので、こちらに移り、夕方、早めの食事をとって祭り見物にでかけた。

地元では、三大火祭りだと言っていたが、他の二つは聞き忘れた。

Img_0163 夕方、まだ西の空に夕焼け雲が残っているうちから、松明山で上げられた花火を合図に、いくつかのグループに分かれて松明の行列が山から駆け降ってくる。(橋の欄干越しに松明を穢れと共に川に放り込む)

中には、子どもの組もあると見えてひときわ甲高い”ワッショイワッショイ”もある。

最終点は、鹿曲川にかかっている中山道の橋から一斉に松明を放り込むと言う仕掛け、一組が済むとまた次の組と言う具合に進行するのだが、山の上からは次々と松明を上下させながら降ってくるのも見ものだった。

このほか、楢の木の枝そのままの神輿などで夜は更けていく。

そして今日、義弟の畠でじゃがいも掘りをした後、いつもとコースを変えて和田峠周り、諏訪サービスエリアで燃料を補給する予定だったが、混み合っていて、待ちが1時間以上になると聞いてあきらめる。

帰宅は、夕方6時過ぎとなったがさすがに疲れて、食事もそこそこで床に入る。

また、暑くて寝苦しい夜をひかえて。

|

« 無言館 残せるものを持つ幸い | トップページ | メタボリックが改善しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/11503759

この記事へのトラックバック一覧です: 御牧の朝はもう涼しい:

« 無言館 残せるものを持つ幸い | トップページ | メタボリックが改善しない »