« 先が思いやられる | トップページ | 三面六臂で好き勝手 »

2006年8月 1日 (火)

おんだ子も抱いた子も

Img_0333 写真の花の名前をママコノシリヌグイという。

漢字で書くと、「継子の尻拭い」と書く。この草、ピンクの小さくて可愛い花を持っているが、いざ採ろうとすると下向きに小さな棘を持っていて手のひらを刺す。

この棘、小さい割には硬くて意外と痛い。こんなもので尻を拭かれた日にはたまったものではない、尻中引っかき傷でミミズ腫れになってしまうこと請け合いである。

もっとも拭いたほうも、おつりを貰っていつまでも臭うことになりそう。

シンデレラ姫の例をとるまでもなく、むかしから継子いじめはよく聞いた話であるが、最近では、継子の限らず本当の親子の間でいじめ合いが頻発している。

先日、福島県で発覚した子どもに対する虐待事件の報道は、聞くに忍びなくて放送のたびにチャンネルを他局に回していた。

白髭姓を名乗るこの夫婦、何ゆえを持って自分の子を虐待したのか?、子どもを作るだけの能力しかない、大人になりきれない男女だったのだろう。

世界は自分を中心に回っている、近頃こんな人が随分と増えたようだ。

”しつけ”の一環だった、と言っているそうだが、しつけなんてそんなに簡単にいくわけがないし、大体しつける本人がしつけられておらず、単に自分好みにしたかっただけといわれても仕方がない。

人だろうが、白髭神社の祭神は猿田彦の命であり、延命長寿をつかさどる神と聞くと、幼くして虐待され殺された子どもが哀れでたまらない。

飛騨の民謡の囃子言葉に、こんな文句がある。

おんだ子も 抱いた子も

おまえさんの 子じゃないか

可愛がって やらんせ~

  セット  セット セット

|

« 先が思いやられる | トップページ | 三面六臂で好き勝手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/11184310

この記事へのトラックバック一覧です: おんだ子も抱いた子も:

« 先が思いやられる | トップページ | 三面六臂で好き勝手 »