« 冥府の王は闇の中 | トップページ | 辞世 »

2006年9月 6日 (水)

モデルも疲れるのよ、と

Img_0111 散歩の帰り小紫をみつけた。

本当に久し振り、という感じ、何年ぶりだろう。

めっきり数を減らしているそうだから、次はどこでとアポイントを取らなくては、、、

植物にも同様の名前があるが、こちらは蝶である。

コムラサキ、濃紫と書くのか小紫と書くのか、多分”大紫”と言う国蝶がいるから小のほうなんだろうと思っている。

麟粉がどう付いているのかは知らないが、見る角度によって、茶色になったり濃い紫になる。自然とは不思議なものだと再確認させられる。

初めは、豹紋蝶の大きいのかなとしか思っていなかったが、近づくと色変わりをした。

遠方から2枚、移したところで欲を出し、接写をするためカメラを調節していたら「もう良いでしょう、「モデルも疲れるのよ」とばかり飛び去ってしまった。

雨の降り間を利用して、笠持参の散歩は遠出が出来ない。

テレビはどこ見ても同じことを延々とやっている、テレビ関係者は予定していたもの、貯めておいたものを一気に吐き出しているのかもしれないが、何の関係もないものにとっては他の番組までふっとばされて、退屈な一日になった。

こんなこと書くと、家を焼かれるかな。

|

« 冥府の王は闇の中 | トップページ | 辞世 »

コメント

ナベショーさま

ありがとうございます。写真は偶然が付きもの、いつもカメラをぶら下げての散歩です。
この年になると、他人に「あの人は変わってる」と言われるぐらいが丁度良いと思っています。

長の人工飼育は知りませんでした、傍にあるえのきを注意してみてみます。
図鑑によると二本角青虫のようですから

投稿: オラケタル | 2006年9月 8日 (金) 07時18分

見事なコムラサキですね
丹波の故郷で子供の頃によく見ましたが、数十年も見ていません。
オオムラサキも子供の頃、一回だけ採取しただけ、、。
食草のエノキに卵や幼虫がいると、人工飼育してやれるのですが、、

投稿: ナベショー | 2006年9月 7日 (木) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/11784930

この記事へのトラックバック一覧です: モデルも疲れるのよ、と:

« 冥府の王は闇の中 | トップページ | 辞世 »