« 蕎麦とお化けはこわいもの | トップページ | オラッ 近寄るんじゃない! »

2006年10月 2日 (月)

ちいさい秋 見つけた

明日葉、今日摘んでも明日になれば新しい芽が吹くといわれ、その生命力、力強さからなんにでも効くといわれている思われている?)草である。

青汁の原料にもなるらしく、その効能は抗がん性があるを初め、胃腸、高血圧、痴呆、不眠等々これでもかというほど書かれ、むかしの”熊の胆””朝鮮人参”並みの効果がうたわれているが、あまり多岐にわたると「薬九層倍」よろしく、効能まで「ほんまかいな」と疑いのまなこを向けたくなる。

以前は伊豆七島か南伊豆の海岸でしか生育しない草といわれていたが、最近は自分の周りでもあちこちに見られるようになった。

我が家でも、八年ほど前に下田で貰ってきた一株が花を咲かせ、種をあちこちに飛ばしたらしく現在10株程度が庭木の間でこじんまりと生えている。

そして、いま上の写真のように花の時期を迎え、猪独活のような白い花を咲かせている。(そういえば葉の形もよく似ているので親類筋かもしれない)

この葉は、成長力が強いのでいつでも新芽が出てくるが、春先がやはり一番よく伸びる、さっと茹でてお浸しや胡麻和えにするもよし、そのまま天ぷらにするも良いが、自分としては、少しあくが残っているおひたしが一番である。

山菜の天ぷらは、形を愛でるにはよいが、味の点では香りやあくが吹っ飛んで今一といったところ。

明日葉の花、これも秋の風情だろうが、道すがら南京櫨が紅葉しているのを見た、まだ寒さも来ていないのに、この気の早さはどうしたことか。

だれかさんが だれかさんが 

  だれかさんが 見つけた 

     小さい秋 小さい秋

             小さい秋 見つけた

|

« 蕎麦とお化けはこわいもの | トップページ | オラッ 近寄るんじゃない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12123864

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさい秋 見つけた:

« 蕎麦とお化けはこわいもの | トップページ | オラッ 近寄るんじゃない! »