« むかごの思いで | トップページ | 御苦労様は駄目? »

2006年10月23日 (月)

旅(人生)の恥はかき捨て

Img_0056_2 本日は暦の上では「霜降り」

昨夜来の雨と少し冷たい風が入ってきてはいるものの、此方ではまだズーッと先の話である。

同じ霜降りでも、肉の方だとまた違った感想があるるが、暦に、この言葉が出来たころは、高級肉に当てはめるなんて想像しなかったことだろう

いま、麻機遊水池には、水鳥の数が次第に増えている。北のほうからのもいるが、ほとんどはカルガモとヒドリガモで、いままで田んぼのなかに隠れ、稲穂を好きなように食べていたが、稲刈りで追い出されてきたもらしい。

そんななか、一段と小さいカイツブリがいくつかこの池にやってきて混じっていた。

親子ずれだと説明している人がいたが、鴨の仲間は2~3ヶ月で身体は親と同じおおきさになる、「種類が違う」といってやりたいが、そこはそれ、面子をつぶすようで言いにくい。

結局は、自分のその場から離れるし、カイツブリの方も聞こえたのか、深く潜行して行方をくらましてしまった。

ついでの話しになるが、ずっと昔、小さな学校で代用教員をしていたことのある老婦人(といってもその時は60歳前だったと思う)が「アキの宮島って言うのだから秋は綺麗なんだろうね」といった。

確かに宮島の紅葉は綺麗らしいんだけど(写真でしか見ていない)、生真面目だった青年(自分のこと)は「うううん」と返事に困ったことを覚えている。

なまじっか知識があったり、うろ覚えに覚えているからいけないんで、まったく知らなければ、「恥も恥ではない」また「旅の恥はかき捨て」というから、人生を芭蕉のように旅だと思えば、かき捨てにして良いんだよね。

自分の場合、いくつもあるがすぐに忘れることにして、尾を引きずらない。これが健康の秘訣と心得ているからだ。

|

« むかごの思いで | トップページ | 御苦労様は駄目? »

コメント

30代になって、出張の途中広島により原爆資料館などを見たことがありますが、アキの宮島は立ち寄る時間も考えもありませんでした。
アキの宮島、いまだに写真だけです。

投稿: オラケタル | 2006年10月24日 (火) 06時40分

アキの宮島、、、ひょっとして老婦人は知ってて安芸と秋をかける言葉遊びのつもりで言われたのかも、、、、
ナベショーは宮島の近くに15年住んでいましたが、安芸の宮島、美しいですよ。
赤い鳥居、厳島神社の赤い神殿、紅葉、、、
少し奥の紅葉谷公園の紅葉は特に美しく、島全体に分布するウリハダカエデも黄色く色づき、素晴らしいです。

投稿: ナベショー | 2006年10月23日 (月) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12391185

この記事へのトラックバック一覧です: 旅(人生)の恥はかき捨て:

« むかごの思いで | トップページ | 御苦労様は駄目? »