« つぼみ色ずく | トップページ | いよッ太っ腹 »

2006年10月19日 (木)

早く芽を出せ

早く目を出せ柿の種 

ならぬと鋏で チョン切るぞ

早く実がなれ柿の種

ならぬと鋏で チョン切るぞ

今日庭の片隅にあった柿の木を切った。

十数年前に植木市で母親が買ってきて植えたもので、いわば形見物の一つだったが、、、、、、

柿の木は、本来日当たりが好きな木であるが、日の当たらない場所に植えられたのがまず間違いの始まりだった。

十数年たった今も直径が根元で5センチほどしかなく、実もよくつけて5~6個という状態、(今年はようやく2個)だった。

昨年の暮れ、根元を少し掘って堆肥と化学肥料をいれ、「早く実がなれ柿の種 ならぬと鋏でチョン切るぞ」と猿蟹合戦のおまじないをかけたが駄目だった。

柿の木にしたら、いくらでも言い分があるだろうと思う。家と家の間には挟まれた日当たりの悪い場所、夏 カナブンがいっぱいついて葉を食べ散らかしているのに気がつかないで放っておいた、その他にもいくつも理由付けはあったに違いない。

しかし、この家の主人は理不尽にも結果主義で伐採をきめた。

”早く芽を出せ柿の種 出さぬと鋏でチョン切るぞ”と言う文句を我が身に当てはめると、会社でのリストラを含めて、内心ゾクゾクッとした震えを感じている人はいるだろう。

男も年をとると、”気持ちはあっても 芽が言うこと聞かない”の状態になるから、結果主義で行くと、、、この歌、意外と恐ろしい歌なんだよね。

猿蟹合戦は考えないことにしょう。

|

« つぼみ色ずく | トップページ | いよッ太っ腹 »

コメント

ナベショ-さま

猿蟹合戦の蟹ばかりでなく、花咲か爺さんの意地悪爺さんのように柿の木を切りましたが、臼を作るどころかゴルフのウッドにもならない太さ。
意地悪爺さんでは、大判小判に変わる幸運は、望めそうも無いですね。

でも、意地悪爺さんはある面では魅力的です。
青島幸雄が演じた意地悪婆さんのような爺さんに成るべく修行中です。

投稿: オラケタル | 2006年10月21日 (土) 16時47分

たくさん生った翌年はほとんど生らない様に、樹勢がないと花が咲いても結実しないようですね。
また、葉っぱも病気や虫から守ってやらないと、栄養分が樹の幹に蓄えられない。
毎年、生らせるのは難しい、、、、
猿蟹合戦、、よく考えると、残酷な歌なんですね。

投稿: ナベショー | 2006年10月21日 (土) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12340734

この記事へのトラックバック一覧です: 早く芽を出せ:

« つぼみ色ずく | トップページ | いよッ太っ腹 »