« 四寒三温 | トップページ | もどき »

2006年11月30日 (木)

さねかずらをほんの少し、、

Img_0077_1 名にし負はば 逢坂山の さねかずら

  人に知られで くるよしもがな

麻機山の中腹に実蔓(サネカズラ)が、光沢のある真っ赤な珊瑚のような実をつけている所がある。

あまり人が来る所ではないが、自分だけの宝のように眺めていることにしようと、枝を立てて目隠しをしている。

実蔓、どんな理由でこんな名前がついた知らないが、別名が「美男蔓」ともいう。

はじめて聞いた時には、美男で有名な”在原業平”に関係しているのかと思ったが、この蔓の中にねばねばとした液があり、それを採って髪につけたところから命名されたとある。

つまり、古代の整髪料。今で言う「ポマード」(これも古いか、いまやグリースとかヘアーリキッドいう)がわりに使ったらしい。

古代、大宮人はどのくらいこの液を塗っていたのだろうか、「さねかずらをほんのすこしばかり、、、」なんていいながらべったりと光らせていたのではないだろうか。でも、「グリースを、、、」というより雅やかだよね。

そのころは、まだ椿油がまだなかったのだろうな。

椿油は、江戸時代は鬢付け油としてある種独特の匂いを発散させているが、実蔓の匂いははっきりしないくらい薄くて、少ない。(今の時期だから余計すくないのか?)

そういえば、やっとせんころ(先頃)まで、べったりとポマードを付けていた政治家が何人かいたのを思い出したが、この人たちの周囲も大変だったかも知れない。

今日剥ぎ取ったカレンダーで、今年も後一枚がひらひらとゆれているだけになってしまった。

北海道では、大雪になるらしい。百人一首に「あわれことしの秋もいぬめり」とあるが、、、、、。

|

« 四寒三温 | トップページ | もどき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12882155

この記事へのトラックバック一覧です: さねかずらをほんの少し、、:

« 四寒三温 | トップページ | もどき »