« 藪蘭は忍耐 | トップページ | さねかずらをほんの少し、、 »

2006年11月29日 (水)

四寒三温

Img_0082_3 春先次第に暖かくなる時期を”三寒四温”なんて言うところから、今の時期をじいじは、”四寒三温”という。

その、三温にここ2~3日が当たるのか。昨日は曇ってはいたが、風もないのでそんなに寒くはなかったし、今日は快晴でまさに”小春日和”

ただ、上空は変な風が吹いていたのか見たことのない雲がかかっていた。(写真)

きのう、パンクしていたタイヤの修理をしてもらった、長さ2センチほどのビスがしっかりと刺さっていた。

まえに、テレビで見たのだが、タイヤに釘などが刺さるのはかなりいろいろな条件が重なり合わないと刺さらないものだといっていたが、まるで、ドライバーでねじ込んだようにびっちり突き刺さっていた。

パンク修理した人も、「前タイヤとは珍しい」と言いながら、チューブレスタイヤを簡単な方法でやっていたが、パンクした身にとってはどっちでも良いことで、余計な出費になったことだけがくやしい。

ただ、何時ごろからのものか分からないが、急激に空気が抜けないので気付くのが遅れていた。高速走行しているときでなく「良かった、良かった」

そして、今日も午後は孫の相手。熱の原因は検査してみたが分からないまま。

母親が、勤めから早く戻れたので、久し振りに長尾川の河川敷を散歩した。

Img_0073 Img_0067_2 長尾橋の前後、およそ1kmにわたって川の両岸の堤防下をコンクリートで固め、ところどころに大きな石を固定して、両岸を行ったり来たり出来るようにしてある。

ここが、写真のようにいま銀杏やけやきで黄葉まっさかり、河川敷にひらひらと落ち葉が舞いちり、腐葉土にするのか掃き集めている人もいて、穏やかな午後を演出している。

|

« 藪蘭は忍耐 | トップページ | さねかずらをほんの少し、、 »

コメント

ナベショー様

人為的なパンクではないと思っていますが、前の駆動輪のタイヤだったため、後ろに予備タイヤをつけて、はづしたタイヤを前に持っていくと言う二度手間を強いられました。
おかげで、手は真っ黒け、軍手は必要不可欠です。

投稿: オラケタル | 2006年11月30日 (木) 21時35分

私もやられたことがあります。
ネジくぎが根元まで垂直に刺さってました。
ドライバーで抜いたとたんにシュ~!!
悪質ないたづらだと思います。
ほんとに三寒四温、、日が照らないと寒いですね

投稿: ナベショー | 2006年11月30日 (木) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12864119

この記事へのトラックバック一覧です: 四寒三温:

« 藪蘭は忍耐 | トップページ | さねかずらをほんの少し、、 »