« 今どきの授業 | トップページ | 仏の座も高くつく? »

2006年11月12日 (日)

くれそうでくれない

Pc230066_1 暮れそうで暮れない 

     たそがれ時は

暮れそうで暮れない 

     たそがれ時は

と、「人恋しくて」という歌の出だしで、歌ったのは、今はむかし南沙織という歌手だった。

”秋の日はつるべ落とし”というが、立冬を過ぎた最近ではつるべより早く、どさっと落ちるように沈むので夕方の景色を写そうと思うと、よほど前もって準備をしておかなければならない。

「たそがれ」とは、誰かそれは、という言葉から出来たといわれ、日が落ちて薄暗くなった時間帯をいい。明け方の薄暗い時間帯を「かわ(は)それ」彼は誰れ、と江戸時代ころから言うようになったという。

たそがれにしろ、かわそれにしろ、少し薄暗い状況は前の方に何かいるらしいがはっきりしない状況を言っているわけで、昔から「逢魔が時」つまり、魔物が徘徊する時間として恐れられてきた。そして、最近聞いた話では交通事故などもこの時間帯が多いとという。

今日は、天気が良かったものの冬型の気圧配置になり、関東地方から北では突風が吹くなどして、気象庁は木枯らし1号と発表したそうだ。

こんなに天気が良いとじっとしていられなくなり、手近な山でもと思ったが、時間が遅かったのと風が強いという予報で、藤枝は瀬戸の谷川沿いをと出かけてみた。

ところが、驚いたね。国道1のバイパス、谷稲葉インターの手前から渋滞気味。

どうもすぐ側の運動公園あたりで野球か何かの大会でもあるらしく、自動車が進まない。ようやくそこを抜けたら、すぐに農協関係と思われる農業祭があり、次はサッカーグラウンドで試合があるらしくまた止められ、そこを抜けて瀬戸の谷でまたまた農業祭と各地でとめられた。

こんなに止められるなら、寄ってみようかと整備する人の指示に従って進むと凄い車の列、ずっと離れた駐車場に入れられてしまった。

(みんな行くとこなくて近場でごまかしているのかな、それとも野菜が目当て?)

どうにかこうにか戻って、会場に入ると昨夜の雨でグラウンドがグチャグチャ、踏みしめる足元に水が浮いてくる。なのに人が一杯で進むに進まれず、戻るに戻れず人の後ろに付いて行くしかなく、買いたいものも列が長すぎれば意欲が無くなる。

Img_0102_1 すいている所は、お茶揉みと楽器を演奏している所とチエンソーで丸木を彫刻している所くらい、しばらく見ていたが特にほしいものも無く、何の収穫も無しに帰ることにした。

山越えで、藁科川沿いに出てきたら、羽鳥でまた農業祭の渋滞。

今日は本当に、農業祭日和だったらしい。

えッ、「人恋しくて」はどうなったって。

つまりこういうこと、試食コーナーで

   くれそうなそぶりで くれないおじさん

   くれそうでまってる たそがれじいじ ってとこかな

                     おそまつさま

|

« 今どきの授業 | トップページ | 仏の座も高くつく? »

コメント

ナベショー様

そうなんです。閑人はウイークデーにと、分かっちゃ~いるのですが、連れ合いの関係もありまして、、、

仕様がないですね

投稿: オラケタル | 2006年11月14日 (火) 17時24分

この季節、天気の良い日曜日に車で出かけるもんじゃありませんね。
伊豆まど行ったら、帰りに沼津で延々数時間の渋滞、、、、こりごり

投稿: ナベショー | 2006年11月14日 (火) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12656787

この記事へのトラックバック一覧です: くれそうでくれない:

« 今どきの授業 | トップページ | 仏の座も高くつく? »