« この実なんの実(ぱーと二) | トップページ | ご無沙汰の安倍城址 »

2006年12月20日 (水)

擬人化してみる

Img_0002_2   小春日和というには少し時期がずれているが、ここ2~3日はすこし風が吹くものの、小春日和に近い陽気になってきた。

午後になって、踏み石代わりにしているブロックの上に二羽のキジバトがやってきた、いつもこの近所にいる鳩(多分)らしく自分を見ても落ち着いている。

この鳩、つがいなのか付かず離れずの距離にいたが、温まったブロックが気に入ったみたいで、一羽が片羽根だけ広げて横たわったら、もう一羽もおずおずと言った調子で寄ってきて同じポーズをとる。(こんなポーズははじめてみた)

キジバトの雌雄はどこが違うのか分からないが、人間に見立てて推測するに先に横たわったのが雌で、後から雄が「人間が見ているけどわしも暖まりたいので良いかね?」とご機嫌を伺っていたみたいで面白かった。

しかし、人間のやつあわててカメラを取り出してきて、周りをウロチョロするんでどうにも落ち着けなくて雌の方が先に飛び立ってしまった。

すこしして、雄のほうも、もう少し暖まって居たかったが、上の電線で雌が呼んでいるので仕方なさそうに飛び上がっていった。

          Img_0048_1  もうひとつ、麻機沼でのこと。一組のマガモの夫婦の会話。

雌「あんた、さっきからちらちらと隣のグラマーな雌を見てたでしょう」

雄「そんなことしていません」  雌「嘘!

Img_0049_2 雄「そんなことしてないってのに」  雌「本当に嘘が下手なんだから、目がキョロキョロと泳いでるよ」雄「ゴメンナサイ!これから決してしません」と頭を下げて顔を隠す。

想像とは全然違うことをしているんだろうが、漫画のように動物を擬人化してみるとこんな風になるんだろうか。

|

« この実なんの実(ぱーと二) | トップページ | ご無沙汰の安倍城址 »

コメント

どんな理由なのか面白いポーズをとるもんですね。
後から来た鳩があまりにもおずおずとした様子で、先の鳩を見ながら座ったので、こんな文章になりました。

投稿: オラケタル | 2006年12月21日 (木) 21時42分

駿府公園のはとがこんなことしてましたよ。暖かい敷石の上にべたっとおなかをつけて、片方ずつ羽を広げて、ぼーっとしてました。あと、こんなのもありましたよ。お堀斜面の真ん中辺の石の隙間に上手に停まり、壁と反対側の羽を広げて乾かしていました。(温まって?)どちらもやはりペアーだったな。福楽すずめもかわいいけれど、こんな仲良しの写真も可愛いでしょうね。

投稿: | 2006年12月21日 (木) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13141856

この記事へのトラックバック一覧です: 擬人化してみる:

« この実なんの実(ぱーと二) | トップページ | ご無沙汰の安倍城址 »