« ごっちゃ混ぜでよいか | トップページ | ふじのふじのみや »

2006年12月24日 (日)

納めの○○

Img_0005_2 今日24日は、地蔵菩薩の納めの縁日なので、近くの厄除け地蔵へ朝早く行ってきた。

地蔵さんの縁日は毎月24日に行なわれている。どんな理由なのかは知らないが、この日お参りすれば普段よりご利益があると言われており、今日は今年最後の縁日になるので”納めの地蔵”というそうだ。

そして、ここ”厄除け地蔵”の縁日には近郷近在の人が野菜や餅、作業衣を含めた着物、漬物、しらすなど、いろんなものを持ち寄って朝市のような状態になるので、ときどきは出かけているが、物によっては早々に売切れてしまうので出来るだけ早く行くことにしている。

今日は正月用のわさび漬けを作るため、山葵の根と沢山の茎を買いたくて早出をした。

家から2km弱と思うが、散歩がてらに行くには丁度良い距離。八時前に到着したがすでに20軒ほどが店を出し、その後からも何人かが荷を運び込んでくる。

目的のものを買い揃えた後、出店をひやかして帰った。

午後、有馬記念の競馬をテレビで見た。ここ最近では最強の馬といわれる”ディープインパクト”が予想通りの走り方をして予想通りの勝ち方をした。

この馬は、このレースを最後に引退するそうだが、そうなるとこの馬も”納めの有馬”をしたことになる。

しかし、馬にとってこのレースが最終ランになることが自覚できていたのだろうか、なんだかこの調子ではもっとも脂が乗り切ってまだまだという時期の引退になってしまうようで、残念なような気がする。

人間のように、意志があれば「ボロボロになるまで、、、」とか「余裕を残して新庄しよう」とかいうのであろうが、全て人間の都合で人生ならぬ馬生を左右されてしまう。

年が押し詰まってくると、これから何をしてもしばらくは21日にあった納めの大師、御用納めを初め、納めのチンポコなどさまざまな”納めの○○”が続くことになるが、人生の納めはもう少し先にしたいと願っている。

|

« ごっちゃ混ぜでよいか | トップページ | ふじのふじのみや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13183645

この記事へのトラックバック一覧です: 納めの○○:

« ごっちゃ混ぜでよいか | トップページ | ふじのふじのみや »