« どんでんがえし | トップページ | 雨がシトシト サターデイ »

2006年12月 8日 (金)

早咲き?狂い咲き?返り咲き?

Img_0002_1  Img_0010_1 例によって散歩の道すがら草花を見ている。

最近目立っているのは、前に書いた”仏の座”それに、"菜の花””蓮華”と続く、春の花がいま咲きだした、ということは、返り咲き?狂い咲き?遅咲き?早咲き?の内どれなのかな?

まず、遅咲きではないことはたしかだろう。春に近い温度と日照時間のせいなのかと思うが、スーパーの胡瓜やトマト同様季節感がなくなってきたようで恐い。

今日は、65年前真珠湾攻撃で太平洋戦争に突入した日である。自分は僅か2歳だったので知る由もないが、当時の軍令部発表のニュース写真は何度も見ている。

まったく、世界情勢も何も判らない一部の人(国民を煽ったマスコミを含めて)に引きずられて、蟷螂の斧を振り上げてしまい破滅に突き進んでしまった。

西洋の童話にあるハーメルンの笛吹き男を地で行ってしまった感がある。

自分としては、大きな犠牲を払ったが、負けてよかった。その後の戦争なき時代、自由にものが言える時を過ごせたのは幸せであったと思っている。しかし、あの時代を指導した人たちは帝国主義の遅咲きだったのだろうか。それとも、周りの状況が判断できない狂い咲きだったのか考えさせられる。

いま南の島フィジーで、クーデターが起きていると言う。事情はよく知らないが軍司令官の意向に沿わない首相を追放し議会を解散したとある。

武器を与えられた者が、その武力を盾に国を意のままにする。丁度昭和の初めに5,15事件、2,26事件と軍の力を増大させた日本のように、、、

そしていま、防衛庁を防衛省に昇格させるという。つぎは自衛軍、いや、陸、海、空軍かな。

ただ名前を変えるだけでないはず、それに伴った強化策があり、むかしの軍に戻った時には、フィジー同様なことが起きるのは歴史が証明している。

いわば、鬼っ子を育てているようなものではないだろうか。そういうことは、自分の目が白くなってからにして欲しいものだ。

そういえば、昨日書いた”どんでん”の記事によく似た歌があるとメールがあった。

歌っているのは、小林旭。その名も「どんでん」という。

何時ごろの歌か、全然聞いたこともないので知らなかったが、内容を一部書くと下のようになる。これって著作権侵害になるのかな?宣伝しているので良いのかな。

「どんでん」

、、、、前略、、、、、

どんでん どんでん 哂って踊ってろ しっぺを食うのさ 見てみろあんた

、、、、、中略、、、、、

てめえひとりだけ 楽ができれば 他人の痛みはお構いなしか

どんでん どんでん おかしいぜ 日本中

|

« どんでんがえし | トップページ | 雨がシトシト サターデイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/12983998

この記事へのトラックバック一覧です: 早咲き?狂い咲き?返り咲き?:

« どんでんがえし | トップページ | 雨がシトシト サターデイ »