« おおつごもり | トップページ | おすがりの藁 »

2007年1月 1日 (月)

猪突猛進(妄信)

Pc230059_1 天気予報を裏切って久し振り、快晴の幕開けとなった。

こんなに良い天気なら少し遠出をして、初日の出を、と計画しものに、とおもったが、

めでたさも ちうくらいなり

         おらが春    小林一茶

と、あまり万点を望まぬことにしよう。

とりあえず、梶原山へと向かった。山頂近くの道路にはすでに先客が路肩駐車をしていたので、これは駐車場に入っても戻ってくるだけと思い、少しあったすき間に車を止め、急いで登った。まさに猪突猛進!着いたときには恥ずかしながら息切れし、人に気付かれないようにするのに一苦労した。

頂上にはすでに数十人の人がいて、満杯といった感じ、すぐに富士山に日が差し染めてから5分くらいして、低い雲が燃えだした。

日の出は七時少し前。いつもの日の出と変わるはずもないが違って見えた。周りの人も「わぁ! きれい」と感嘆詞一言のみでおしだまっている。

亥年をどうして猪に当てたかは知らないが「今年は猪突猛進(妄信。盲進)」の年にしてほしくないものである。そのためには行く先に何があるか、よく吟味して向かう心構えが、より必要になってくる。

首相は国民投票法案を成立させ、任期内に憲法を改めようとしているそうだが、これを助走にしてホップ.ステップ.ジャンプとどこかへ飛んでいくのだけはやめて欲しい。と浅間神社まで歩いていって願ってきたが、

さて、神さまはどっちの味方をするんだろうか。

そうこうするうちに、我が家に二人組みの強盗団が二組来た。

中学生3人に小学生1人の4人とくれば年も年だしいい加減の額と言うわけにもいかない、4人にとって、じいじは自分ひとりなれば、なおさらだ。

しかし、当家の御亭主(ゴテ)は、満面の笑みで”有り金残らず”とはいかないが、かなりの部分(じいじにとって)を払っていたが、、、、

あとのお返しがこわいぞ~、とつぶやいて、、、。

|

« おおつごもり | トップページ | おすがりの藁 »

コメント

高凛さま

おめでとうございます。
本年もも相変わりませずお願いいたします。

すれ違いだったかもしれません。車を止めた場所があまりよい所でなかったので、他の人に迷惑をかけてはいけないと思い、日の出を撮影後、早々に立ち返り浅間神社に初詣と言うコースをとりましたので、、、

投稿: オラケタル | 2007年1月 3日 (水) 21時06分

おめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。何年ぶりかで初日の出をと思い、一本松(帆掛山)で、伊豆半島を染め上げ昇る日の出を拝し、梶原山に向かいました。一本松も少年少女のミニバスチームも含め大勢、梶原山もやはり30人位の人たちが日の出後も、元旦の穏やかな朝を楽しんでおられました。その頃、どこかに居られたのですね、それとも早々に降りられたのでしょうか?
今年は、無理をせず身の丈に合った山歩きを楽しみたいと考えております。そして、麻機遊水地もこれからの時季が楽しみです。ご自愛の上お元気にお過ごしなさいますよう念じております。

投稿: 高凛 | 2007年1月 2日 (火) 18時20分

ナベショー様

おめでとうございます。今年も相変わりませずお願いいたします。

私の場合、自分なりにいろいろ理由付けしています。
一番上(中3)と次が男の子(中1)ですが、半年ほど来ていませんので、その間のことを含めて少し奮発しました。

つぎが、女の子(中2)と1番下の男(小2)はしょっちゅう行き来して手をかけているので、かなり少ない額です。特に小2は暮れに自転車を誕生祝、クリスマスプレゼントを兼ねて買ってやっていますので、ほとんど格好だけにしました。
いずれにしろ、支払い側の能力をみて、総額を配分すると言う昔の経営者感覚でやっています。

ただ、学校に行っていくら貰ったか話すこともあるようなので、財布の数の少ない子はつらいそうです。
他の人は知りませんが、子供同士の話では、貰った総額が中学生で2~3万くらいらしいですよ。

投稿: オラケタル | 2007年1月 2日 (火) 17時41分

新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
最近の孫へのお年玉の相場はどんなもんなのでしょうかね~
幼稚園、小学校 低、高 中学生、、、、、

投稿: ナベショー | 2007年1月 2日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13291787

この記事へのトラックバック一覧です: 猪突猛進(妄信):

« おおつごもり | トップページ | おすがりの藁 »