« 変り七草で | トップページ | エナガの群れに囲まれて »

2007年1月 8日 (月)

気になる賀状の遅延

Img_0075_2 (本栖湖の湖尻。引き上げられたボートの上にも雪が積もって、、、近寄った足跡さえない)

元日にどさっと来た後、二日からボツボツと五月雨式に続いていた年賀状も今日で途切れた。

110枚ほど送ったうち10枚ほどが返事が無い。この年になると社交儀礼的な付き合いの年賀状はほとんどなくなっているし、友達 親戚などは減ることはあっても増えることはあまり無いため、来ない人はどうしているか心配になる。

日ごろ、ご無沙汰している中で、身体の具合が悪いと聞いていた人や高齢の人から来なくなった場合はよけいに気にかかる。

筆不精で遅い人さえきているのに、、、

さて今日は成人の日だという。少し前までは1月15日と決まっていたため、分かっていたが月曜日が赤字で書いてあると、さてなんの日だたかなと、首をひねってしまう。該当者がしばらくいない我が家に定着するのは何時のことやら、、、

さらに、なんの都合か昨日成人式を済ませたところがかなりあり、こんなのを見ると、何のためにわざわざ成人の日を作ったのかわからない。

そして、今朝のテレビなどでは荒れた沖縄の成人式参加者と手作りの夕張市の成人式を各社で対比する形で放送し、したり顔のコメンテーターが意見を述べていた。

そもそも、「成人」とは何ぞや。辞書によると「心身が十分に成長した人。おとな」とあり、さらに「おとな」とは「一人前に成人した人」のほかに”おとなしいこと””静かにしていること”という注釈もあった。

たしかに、老年の大人になると騒々しく動きたくないようになるのでさもあろうと思う。

しかし、成人式の日に、なんの意味も無く、ただ目立ちたいと、はた迷惑も省みず、騒ぐのはまるで子ども以下であろう。何かで自己主張をしたくてもする手段見つけられないから騒ぐのか。

社会に閉塞感があり、いったん負け組みに組み込まれると何時までたっても浮かぶことが出来ない仕組み(ワーキングプアー)(フリーター)など。首相の再チャレンジでも救いきれない。(再チャレンジは事業で失敗し周りに迷惑をかけた人が対象だから、、、)

昔、読んだ芥川龍之介の「くもの糸」のように地獄に落ちた人を御釈迦様が蜘蛛の糸で引き上げるように、ごく細い救済策しか望めないせいなのか。

ただ、大人が望むように、若者が大人しくなってしまったときには、日本は異常事態にはいっていることだけはたしかである。

そうなると、若者の空騒ぎを苦々しく思いながらも、容認しなければならないのか、時々きれて怒りまくり、この年になっても大人しくなりきれていない自分は迷ってしまう。

と、いうことをさておいて、本日は天気も良し、富士山見物と日帰り温泉めぐりをしてきた。

Img_0089_3 昨日になって、ようやくスタッドレスタイヤに履き替えた所なので、その調子見を兼ねて、朝霧高原道路を上り、富士山の西側の山の積雪状況を探り、本栖湖、下部へ降った後”南部の湯”に浸かった。

元富沢町の六地蔵から、夕焼けの富士を写真にしょうと粘ってみたが、雲がかかり結局は、着いた時に写したものしかなかった。

また今度の楽しみ、ということで引き上げてきた。

|

« 変り七草で | トップページ | エナガの群れに囲まれて »

コメント

年賀状。
忘れただけならいいのですが、「オオイ元気かい?」と電話するわけにも行かないし、近くの知り合いにそっと電話をしてさりげなく確かめるしかありません。
しかし、核家族化は田舎にも伝播し、「そういえば、しばらく会ってないよ~」の返事にまた気をもんでいます。

投稿: オラケタル | 2007年1月 9日 (火) 08時06分

慶の家でも年賀状が届かない人が何人かいて、例年より、すごく遅い様に思います。何人かにも聞きましたが、やはり、届くのが遅いようです。民間委託のせいでしょうか。ところで、富士山と6地蔵の写真きれいですね。慶は結局正月はずっと家にいたので、富士山の頭だけしか見ていません。ケタルさんのおかげで、きれいな富士山が見れました。

投稿: | 2007年1月 8日 (月) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13388717

この記事へのトラックバック一覧です: 気になる賀状の遅延:

« 変り七草で | トップページ | エナガの群れに囲まれて »