« ザクッ グググッと(長者ヶ岳、天子ヶ岳) | トップページ | カラスがあればスズメも »

2007年1月27日 (土)

仲良きことは微笑しい

Img_0012 むかし、というほど古くは無いと思うが、食器、とくに皿に野菜や果物の絵とともに「仲良きことは美しき哉」と毛筆書きをした物がよく売られていた。

そして、その脇には実篤と画賛というか、書名が入っていた。この署名から当時、作家の長老、武者小路実篤先生のだと何の説明が無くても分かっていた。

家の軒先に吊るした蜜柑にメジロが毎日やってくることを前に書いた。先日この話を長野の人に話したら「なんてもったいないことするの!今年はやたらと高いのよ」といわれたが、この蜜柑は、山を散歩しているとき道端に捨ててあるのを拾ってきたものである。

鳥たちは、どういうことか分からないが皮がきれいについている蜜柑を突付かない。(皮にきらいな物質か匂いがあるのだろうと想像しているが、、)

そして、毎日、軒先の蜜柑に来るメジロを見ていると僅かではあるが特徴のあるものがいて、少し区別が出来るようになった。性格も用心深いのとか、意地悪なものとかがいて、人間臭さを感じさせる。

また、「目白押し」という言葉があるが、つがいまでが精一杯で何羽も一箇所に群がることはついぞ見たことが無く、ひとつの蜜柑を半分に割っても、もう一羽が来ると追い払うものまでいるくらいである。

それが、珍しいことにひとつの蜜柑につかまって仲良く食べているのがいた、春が近づいて恋心が芽生えてきたのか。毛づくろいまでし合っていた。

見ていても、仲良きことは微笑ましい。

午後一時過ぎ、裏のバイパスで地響きを交えてドカンと大きな音がし、少ししたらレスキュー消防自動車が何台もサイレンを鳴らして下り線を逆行しながら上がって行く、多分流通センター側からは入れないのだろう。

降ってくるトラックとすれ違いに手間取りながら強引に入っていった。こちら側からでは見えないので事情が分からないが、そのうち報道のヘリコプターが三機、我が家の真上で旋回を始めた。

いや~、写真撮影のためだろうが、低いところで三機のヘリコプターの爆音は押さえつけるような感じの音であり、すさまじいものがある。

バイパスの車が動き出したのは三時間以上たってからのこと、テレビではわき見運転のトラックが追突し何人もけが人が出たとのことだが、本当にわき見だったのだろうか。

若い人が2人重体とのこと、何とか若さで回復することをを願っている。

|

« ザクッ グググッと(長者ヶ岳、天子ヶ岳) | トップページ | カラスがあればスズメも »

コメント

慶さん

鳥にかぎらず、動物はみんな難しいものです。言葉が通じませんものね。
なにごとも、辛抱とチャンスですね。
そのためには、いつもカメラを持っているしかありません。
そして、何枚も写してそのうちに一枚でも思ったものがあれば成功です。
根気にやってみてください。それしかありません。

投稿: オラケタル | 2007年1月28日 (日) 22時21分

昨日アロエの花にめじろが2羽とまって蜜を吸っていたので、写真を撮ろうと思ったら逃げられてしまいました。逃げて蜜柑の樹に行きました。こちらからは姿が見えなくなってしまいましたが樹が揺れて、楽しそうな鳴き声が聞こえてきました。鳥を撮るのは難しいですね。

投稿: | 2007年1月28日 (日) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13681487

この記事へのトラックバック一覧です: 仲良きことは微笑しい:

« ザクッ グググッと(長者ヶ岳、天子ヶ岳) | トップページ | カラスがあればスズメも »