« 還暦の赤頭巾ちゃん | トップページ | 桜に目白 チーチュルル »

2007年1月18日 (木)

梅一厘を求めたのに

Img_0058_2 外に出たら意外と暖かい。昨夜来の雨で道路が濡れているのに、、、。

大寒を前にして「これはチョットあったかすぎるんじゃないのって」言ってみてもしょうがないことなんだけど、、、。

新聞では、「熱海の梅園で早咲きの梅が開花し始めている。」と言う記事があった。しかし、家の周りの梅ノ木はかなり蕾を膨らませているが、まだ咲いていないので、麻機山に登ってみた。

梅一輪 いちりんほどの あたたかさ  を確かめたくて、、、

普通、低い所の方が暖かくて、高くなれば気温が低くなるものと相場が決まっているが、どうしたことかこの山の斜面の方が暖かい。

南側に斜面が開けているためか、気流のせいと思われるが分からない。

Img_0049_1 上りだしてすぐに、ポツポツと咲き出していて、これは予想通りと写真を写しながら登っていくと、あまり日当たりも良くないと見えるところでいきなり満開に近い梅に出っくわした。びっくりしたね。それからはもう上を見るのはよした。

足元の、たんぽぽ、大犬ふぐりなど下ばかりを見て帰った。まさか満開の梅があるとはね。今年はやっぱり暖冬なのか。

さて、マスコミはいま、「不二家」にはまっている。

むかしの従業員まで引っ張り出して旧悪露見、駄目会社を世間にさらしている。多分、不二家はかなりのダメージを受け再起できるかどうか、予想が付かなくなっているのではないかと思う。

自分としては、いつもどおりの日本がでてきたなとしか感じない。というのは不正が発覚した当時、「パートの従業員の不始末」だと一番弱い立場の人に責任を押し付けて逃げようとし、どうしょうも無くなれば社長を辞めましたで事を済ませ、後は野となれ山となれと逃げ出して、チョン!。

NHKが紅白歌合戦で、裸に見える衣装を着たとして批判がでたら、さっそく出演者のせいにしてしまったし、政治資金の使い道では「適正に処理をしているから、、、」とだけ答え、明細など一切示さずに逃げようとしていることと一緒であり、赦せないの一言である。

先日読んだ「日本の品格」によれば、武士道精神にのっとればこんなことにはならないはずなんだが、、、、

もう~いや!、ちょっと温くとうなって来かけると夢もうつつも見さかいがなくなってしまう。

|

« 還暦の赤頭巾ちゃん | トップページ | 桜に目白 チーチュルル »

コメント

慶さん

花は毎年のように咲いても人を飽きさせないことから、年年歳歳花相似といいます。
人は毎年進歩するので、歳歳年年人不同というそうです。
ということは、進歩するするってことは悪くなることなの?
それとも相変わらず同じ悪さをするってことは”年年歳歳人相似たりでしょうか。

投稿: オラケタル | 2007年1月19日 (金) 06時56分

すごいですね。満開じゃないですか。どうも毎年早く咲いてしまう樹ってあるらしいですが。不二家の話し。本当にガッカリです。ペコちゃんとポコちゃん好きなんですよ。子どもの夢でしたからね。直接影響のあるのは、従業員よね。私も人事ではないです。一度豆腐屋さんの手伝いの仕事が入り、衛生面で非常に問題があるなあと思っていたら、次行った時には倒産していた❢賃金も踏み倒された。まあ一日しか出ていなかったけどね。やはり、感じますね。こりゃダメだ。ってのをね。

投稿: | 2007年1月18日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13560375

この記事へのトラックバック一覧です: 梅一厘を求めたのに:

« 還暦の赤頭巾ちゃん | トップページ | 桜に目白 チーチュルル »