« 猪突猛進(妄信) | トップページ | 似て非なるもの »

2007年1月 2日 (火)

おすがりの藁

Img_0114_2 いやぁ~、今でも中学生の食欲はすごいものがある。

自分も、中学のころ御飯を一食に五杯以上食べてことがあるので、その遺伝かもしれないが、二人の孫が昨夜五合の御飯を二人でペロリと平らげてしまった。

おかげで、大人3人は鍋物の残り汁にうどんを入れて間に合わせたが、そのうどんにも参加してきた。「近頃の若い者は食が細くて、、」といってきたが修正しなきゃならない。

半年以上会っていなかった孫たちだが、身長も伸びてとうとうじいじに追いついてしまった。(もっともじいじのほうは、縮んでいるのだからしょうがないか)

腕相撲も、左手は勝ったが右手は互角で延長戦で負けた。

力強い成長に嬉しい思いをした。学業成績は駄目だそうだが健康でさえあればいい。

ということで、今朝は磐田市の見付天神へ、最後の神頼みに行くというので付いて行った。

ここは、いままで来たことがないが、かなり有名なお宮さんで名前だけは知っていた。着いて見ると案外小さな社で驚いたが、受験生を相手にいろいろなお守りを始め、各種の願い事のお札などで、”商売上手”といった感じがする。

それと、変わっていたのは狛犬ならぬ"願掛け牛”という雄雌の牛の像が両側に2体あり、軒先から”おすがりの藁”というものがぶら下がっていた。

「溺れるものはわらをもすがる」という意味なのか天神さんの元、菅原道真を引っ掛けたものなのか、どこかに由緒書きがないかと探してみたが分からなかった。

あまり、部外者面をしていると罰が当たりそうなので、賽銭を少しばかり上げて孫の学業成就をお願いした、「どうぞ、じいじのご無礼もおゆるしください」という言葉に添えて、、、

帰りは、「掛川花鳥園」に寄るというので着いていくと、65歳以上割引ありというので早速利用させてもらった。

この園も、これで3度目になるが、毎回拡張し施設の充実を図っているようで、目新しいものが毎回ある。

こんな施設だと、リピーターも付くに違いないなと、思いながら上手にインコに餌を取られてかえった。

|

« 猪突猛進(妄信) | トップページ | 似て非なるもの »

コメント

明けましておめでとうございます
  本年もも相変わりませずお願い申し上げます。

とうとう年も明け、昔流に言うと古希です。

飯の量、体力は駄目でも、舌の方、目利きの方、相撲ではまだまだと意地を張っていますが、自信は定かではあなくなりました。
しかし、負けるのが嬉しい年頃です。

投稿: オラケタル | 2007年1月 3日 (水) 16時59分

あけましておめでとうございます。本当に穏やかなお正月になりましたね。いいですねお孫さんたち。梶原山には私の甥っ子も元日に部活で登りましたよ。中学高校の男の子はやはり、食べ盛りで、1人その歳の子がいるだけでご飯の量は倍ですね。家も年末年始でコメもアッという間に10㌔g、もち4kgなくなりましたね。今年もよろしくお願いします。

投稿: | 2007年1月 3日 (水) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/13310709

この記事へのトラックバック一覧です: おすがりの藁:

« 猪突猛進(妄信) | トップページ | 似て非なるもの »