« 銀の匙 | トップページ | 柳やそよそよ風しだい »

2007年3月10日 (土)

勝利宣言出してもいいか

P1010002 昨年改修工事を行なっていた巴川の支流にチュウサギが降り立った。

普段なら、池など比較的水の流れのゆるい場所で獲物を狙うのに、このときは瀬の半ばに立っていて、見事に獲物を仕留める所を見せてくれた。

最近では魚釣りもしていないが、岩魚やアマゴを釣った子どもの時の経験からすると、あわ立つ瀬のあたりに餌を振り込み瀞に流すと釣れたように思っていた。

したがって、川魚は水がゆるやかなところで流れてくる餌を待っていると思ったが、このくらいの流れなら瀬にも居るのだろうか。

それにしても、瀬の中にいる魚をどうやって見つけ、どうやって狙いをつけたのか、さすがに生活がかかっているプロは違うものだと感心した。

.

さて、近頃流感の発生状況がどうなっているのか知らないが、私は風邪を含めて今年もかからずに済んだ。

そろそろ、連続30回目くらいの勝利宣言を出しても良い時期かと思う。それも、予防注射なしにである。

昨年秋に、「じいじ 65歳以上は予防注射も安くなっているなだから、打ったほうが良いよ」といわれていたが「今まで打って来なくても罹らなかったのだから、引いたら来年から打つよ。下手に打つと余計に罹りそうで、、、」と誤魔化してきたため、また来年も打たないで過ごすことになりそうだ。

静岡に来るまでは、両方ともちょいちょい引いていたはずなんだけど、ピタッと止まった。しかし、若いときに聞いた「年をとるとハ、メ、チン○の順で駄目になる」は当たっていて、ここ五年ほどの間に奥歯を中心に何本か抜き、いま何本かがぐらついてきたし、他も同様に低下している。

どこかで、予防注射に妥協しないと「年をとると流感に罹っても熱が出ないうちに重症化してしまうのだから、いい加減にしないとね、、」と引導を渡されている。

さて、今度の秋はどうするか。流感に罹ってタミフルうって妄動するか、熱が出るほど体力が残っていないのか。

そこが問題だ。

|

« 銀の匙 | トップページ | 柳やそよそよ風しだい »

コメント

ナベショー様

タミフルも流感には万能ではないのですか。そうすると、鳥インフルエンザにはどうなのでしょうね。

投稿: オラケタル | 2007年3月12日 (月) 22時08分

タミフル、、、ちょっと忘れたけれど、直接ウイルスを殺すのではなく、ウイルスの細胞膜に取り付いて、ウイルスが増殖できないようにして、、、自然消滅
したがって、インフルエンザにかかって1~2日以内に服用しないと効果が無いという
インフルエンザでも香港A型に、、
確かそんなことを聞きました。

投稿: ナベショー | 2007年3月12日 (月) 08時43分

慶さん

白い衣を着ているので鷺は優しそうですが、鵜やカラスは黒いだけで怖そうに見えます。

先入観なのでしょうね。

投稿: オラケタル | 2007年3月11日 (日) 11時27分

ナベショー様

タミフルの効き目は凄いそうですね。
どんな仕組みなのでしょう。ウイルスを人体に影響なしで完全に殺してしまうのでしょうか。

日本でも、鳥インフルエンザに備えて備蓄しているそうですが、使わなきゃならない事態になって欲しくないものです。

投稿: オラケタル | 2007年3月11日 (日) 11時24分

すごい❣決定的瞬間ですね。迫力あります。サギは優しそうなイメージがありますが、やはり狩人なんですね。はあ~。度肝抜かれました。

投稿: | 2007年3月10日 (土) 23時39分

小生も滅多なことで流感にはかからないけれど、昨年、久々に少し熱が出たので医院に行ったら、香港型インフルエンザ、夕方から38-9度の熱になりますよ、、と言われた。
明日から大阪へ行く予定ですが、、、、というと、タミフルを処方してもらった。
脅威的な凄い効き目ですね。
夕方から38度まで上昇した熱が、明け方には平熱に下がり、治ってしまい、予定通り大阪へ、、、
今までの抗生物質とは、ウイルスをやっつける機構が異なるそうですね。
まあ、ホームから飛び込まずに、無事大阪から帰ってきました。

投稿: ナベショー | 2007年3月10日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/14213413

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利宣言出してもいいか:

« 銀の匙 | トップページ | 柳やそよそよ風しだい »