« 父の膝にいだかれて(三方分山) | トップページ | 早春賦はいずくに »

2007年3月 3日 (土)

今日はたのしい雛祭り

Img_0136_1 きょう3月3日は”上巳の節句””桃の節句”とかで、女の子がいる家では雛人形を飾って、華やかにお祝いをする。

今年は、例年より暖かい日が続いたため、赤やピンクの桃の花があちこちで開いている。

桃は、その昔中国では不老長寿の薬にもなると言われ珍重された果物であり、その色、その香りは花も実も上品なおもむきがある。

雛人形の歴史は、はっきりとしたことは分からないらしいが、もともとは、人形(ヒトガタ)に穢れを写して流し、厄のがれをしたことに発するという。そのためか節句が過ぎてからいつまでも飾っていると嫁にいけなくなるなんて話しさえある。

Img_0046_4 そして、最近では伊豆の稲取が発祥の地とも言われるつるし雛が流行し、自分もあちこちで食傷するくらい見て来たが、その値段の高いのには驚く。

聞けば、古着で作るらしいのだが、その古着が高いのだそうだ。くたびれた銘仙などではすぐに破れてしまうので、質のいいは端布などになると手に入りにくいとか、、、

しかし、ひな壇の周りにあまりごちゃごちゃとぶら下がっているのも、なんだな~という感じ、それぞれがどんなに立派であっても、、、、

また、変わり雛もあるとはいえ主流は内裏雛であるのが、不思議といえば不思議な話しではなかろうか。庶民の憧れがそうさせたのか、穢れを移して流すということとの関係はどこでどうなったのか、調べてみたい気もする。

また、穢れを流してチャラにするというのは、日本独自の考えだというが、、、

ま、いいっか。今日は楽しい雛祭りなんだから。と飾る雛がない我は酒を飲む。

|

« 父の膝にいだかれて(三方分山) | トップページ | 早春賦はいずくに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/14118088

この記事へのトラックバック一覧です: 今日はたのしい雛祭り:

« 父の膝にいだかれて(三方分山) | トップページ | 早春賦はいずくに »