« 雉も鳴かずば、、 | トップページ | 片手いっぱいの幸せ »

2007年4月22日 (日)

咲いた咲いたとチューリップ

Img_0011_2

咲いた咲いた 

チューリップの花が

ならんだならんだ

     赤白黄色

どの花見ても       きれいだな

ご存知、童謡の”チューリップの花”であるが、ここ静岡では早々と散り始めている。

午前中、雨模様から晴れ間ののぞく天気に変わったのを待ちかねて、出かけてみた。草の上に丸い水滴をおき、光の入り具合と葉っぱの艶で水玉は宝石のように光っているが、写真ではどうもその辺の機微が写し取れない。

写真雑誌などには、上手に発表されているので、何かコツがあるのかもしれないが、なんでも人の意見を聞かず独走する私には、コツをつかむのはまだまだ先の話しのようだ。

今日の花。左 稚児百合 右 青鷺とクレソンの花

Img_0171 Img_0079

                。

                。

どうも、今年辺りからレジ袋が有料化されるかもしれない。

地球温暖化や資源の節約を大義名分にして、実施されるのだがこの効果はいかほどのものがあるのだろうか、疑問を持っている。

ひとつには、レジ袋に変わって「マイバック」だというが、万引きがも増えるだろうし、少量の買い物客(特にわたしなど、、)はレジ袋は買わないで商品をそのまま持って店内を歩き回りそうなので、店の保安係も目をしらっくらしてしまいそうだ。

折から今日は”アースデー”だという。

バブルのころだったと思うが東京にいる同級生を訪ねたとき、新宿の高層ビルの最上階で食事をお世話になったが、見下ろした下界のズーと彼方まで電灯の光が広がって、その先端がどこまで続いているか分からなかった。いま、私の近くでは梶原山の夜景でも同じような光の海が見られる。

この光の海に使われる燃料代。そして、自動車レースの中継をやっていたのを見たが、F 1グランプリのときなど、一回のピットインに注入する燃料が300㍑にもなると言っていた、これが予選から含めると何十台も走るのだから膨大な燃料を使うことになる。

このほかにも地球環境を破壊している最大の無駄遣いに戦争などもあるが、これらを見ているとレジ袋なんて子供だましに見えてくる。

そんななかで、今日は「いい夫婦の日」だとテレビのアナウンサーが言っていたが、やっとこの間「11月22日は”良い夫婦の日”です」といっていたのを思い出した。

年に二度も同じような日を作って、とおもったが、「まあ、コッチのほうは減るもんじゃなし、目くじらを立てないで奨励しておこうか」

|

« 雉も鳴かずば、、 | トップページ | 片手いっぱいの幸せ »

コメント

ナベショー様

クレソンは綺麗な水でしか育たないと前に聞いていましたが、そんなことはないようですね。

先日も、茶畑下のクレソンがあまりにも大きく育っていましたので、先端を折って食べてみましたが、辛味も無くパサパサしていました。

最善のエコは繰り返し使うことだと書いたものがありました。一回こっきりで資源回収に出してはその後経費が大変だそうです。
風呂敷はその点一番良いのでしょうが、ナベショー様のいうとおり、いつも、持ち歩かないでしょうね。
レジ袋は、山菜取りやちょっとした塵入れに良いですし、ペットボトルは水筒代わりやジュースを作って入れなおしているのですが、、、

投稿: オラケタル | 2007年4月23日 (月) 06時36分

慶さん

麻機には結構鷺がいますよ。
私が見ているだけで、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、の真っ白3種のほか、写真のアオサギ、夏になると頭の薄茶色(亜麻色)のアマサギ、そしてゴイサギがいます。
クレソンが多くなりましね。しかし、セリは流れのゆるい、沼の北側で群生しています。すこし泥っぽいところですが、、

投稿: オラケタル | 2007年4月23日 (月) 06時23分

クレソンの繁殖力は凄いですね。
瞬く間に谷川が占有されてしまう、、
これからは風呂敷を持ってスーパーへ買い物に行くことになるんですね。
忘れるでしょうね~

投稿: ナベショー | 2007年4月23日 (月) 00時02分

いい夫婦の日が2日あって、愛妻家の日があって、でも、愛夫家の日がないのはおかしいねえ。企業が絡まないだけいいかしら。国の思惑が絡んでる?
 ところで、鷺はこの辺で見かけるのより大きいのかしら。竜南の田んぼにいるのは小鷺とか聞きましたが、ちょっと、顔が違うような。そういえばクレソンは見るけれど、せりを見かけなくなったように思いますが、クレソンに乗っ取られたのかしら。

投稿: | 2007年4月22日 (日) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/14809819

この記事へのトラックバック一覧です: 咲いた咲いたとチューリップ:

« 雉も鳴かずば、、 | トップページ | 片手いっぱいの幸せ »