« むべなるかな | トップページ | 近くば寄っては目にも見よ »

2007年4月17日 (火)

季節の変わり目に

Img_0045_4 午後から雨になるというので早くから散歩にでた。本日の行く先は城北公園。(緑にもいろいろな種類がある)

カレンダーを見れば今日から「春の土用」に入ったそうな。つまり、前半を代表する梅 さくらが済み、後半色とりどりの花と木々の若芽が山を彩る季節になることを示す季節用語であり、よく言われる「山笑う」季節になった。

Img_0040 実際、公園に来て見るとこの間まで咲き誇っていた桜は若葉の陰に花びらの額だけを残し、地上には花びらさえも疎らにしかない。藤の花は棚から薄紫の花房をたらしはじめ、皐月が赤、白、ピンクと染め分けだしている。

Img_0033_2 P1010085 そして、この公園の目玉である「ナンジャモンジャ」が時おり現れる日差しの中で白い花を輝くように咲かせ出し、まさに、主役交替を演出していた。

.

話は変わって、国会では私の目から見て国民にろくな説明も無いまま、国民投票法案が衆議院を通過し、参議院の審議に移っている。

この調子で行くと、憲法も簡単に変わってしまうのだ。新聞社の調査によるとアンケートに答えた人の半数以上が改憲賛成という返事をしているそうだが、何故そんなにいまの憲法を変えたいのだろうか。

随分と前に「国民の声にも変な声がある」といった首相がいたが、いまがその時か、、、

いまの憲法のどこがどう不都合なのか、改憲したい人は充分な説明をしていないと思う、法律と言うものは、社会の規範の線引きで、ここは良いがあそこは駄目だ、と決めるものである。

その中には、権力を持つ人を規制する役目が多分にあるのだが、今の首相らはこのタガをはずしたい。つまり、「強い人はさらに強く、弱い人はさらに弱く」なる格差社会を目指しているようにしか見えない。

また、先ほどのニュースによると長崎市長が銃で撃たれたとのこと、何とか回復して欲しいものだが、日本でも意見の違う人に対して再び「問答無用!」とばかりのテロ行為がぶり返しそうな気がする。

季節も変わり目だが、日本の社会も変わり目に来ているのを肌身で感じている。

|

« むべなるかな | トップページ | 近くば寄っては目にも見よ »

コメント

慶さん

そうですね、しかし、道端でしゃがんでカメラを構えている女性には出会わなかったので、意外と離れていたりして、、、

近所のようですから、いずれで偶然に出会うこともあるかと思いますが、腹が出て、小さなカメラをいつも持ち歩いていたら私です。
エッ そんな人いっぱいいるですって、、、、なんとなく分かりますよ。

投稿: オラケタル | 2007年4月18日 (水) 08時53分

あら~、それではどこかですれ違っていたかもしれませんね。税務署を出たら雨が降ってきたので、英和前のお堀端で写真を撮っていました。サツキやツツジも綺麗でしたね。新緑も綺麗でした。本当は公園のほうも行きたかったんですが、ここのところ、足のしびれがひどく、歩くのに不安があったので、すぐバスに乗れるところで写真を撮りました。また、記事にしますので、見てくださいね。

投稿: | 2007年4月18日 (水) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/14713482

この記事へのトラックバック一覧です: 季節の変わり目に:

« むべなるかな | トップページ | 近くば寄っては目にも見よ »