« ヤドリギは冬目立つ | トップページ | 気息奄々?の黄揚羽 »

2007年4月 4日 (水)

春 前半は終了

Img_0016 3月末からの静岡祭りは、人ごみが嫌なのと孫のお相手で行くことが無かったので、街中の桜見物に行ってきた。勿論、散歩を兼ねての巡り歩き。

コースは、自宅~城北公園~浅間神社~駿府公園~自宅という全長8kmほどの観光Fコース。(Fの意味は花)

途中あちこちの桜をはじめ、他人様の庭に咲くいろんな花を覗き見しながら歩く。桜はまだこれからというものも少しはあるが、染井吉野はほとんど風に吹かれてハラハラと落花の舞。

城北公園では、公園デビューをはたした?幼児たちが落ちてくる花びらを追いかけ、池の縁では常連のご老人がかたまって話しをしている。    世はこともなし。

浅間神社は、明日まで二十日会祭とかで、屋台も出てお祭り気分だが人出は時間が早いせいか少ない。

Img_0018_2 次いで廻った、駿府公園は祭りのテントもほぼ片付けがすみ撤収のトラックが入っているなかで、中央の桜の多いところで祭りの半被を着たお年寄りが踊っていた。

まだ10時前と言う時間を気にしてか、スピーカーの出力が小さいためか、ボリュームを小さくして舞い散る桜の中で輪を作って踊っているのは妙に印象的だった。

Img_0032_1 内堀外堀は言うに及ばず、公園内で発掘された堀の水面には風に吹き寄せられた花びらが白く水面を覆っている。

これで、一幕ものの春は前半が過ぎたなと実感させる風景を見た気がした。

明日からは夏に向け、出発!

|

« ヤドリギは冬目立つ | トップページ | 気息奄々?の黄揚羽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/14548301

この記事へのトラックバック一覧です: 春 前半は終了:

« ヤドリギは冬目立つ | トップページ | 気息奄々?の黄揚羽 »